マラソン・駅伝ランナー愛用の人気スポーツネックレスまとめ

9月も終わりに近づき朝晩が涼しくなってジョギングやランニングにもってこいの時期になってきましたね。

僕は草野球とサッカーをまともにプレーできるようにする為(30を超えてから少しずつきつくなってきた 笑)にほぼ毎日5~10キロくらい走っていますが、明らかに夏場よりランナーが増えてきたなと感じています。

もしかしたら、先日大盛り上がりで幕を閉じた「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の影響もあるのかもしれません。

年1回以上の実施率の推移(ジョギング・ランニング)

図:ジョギング・ランニング実施率の推移-笹川スポーツ財団

笹川スポーツ財団の資料では、国内で2018年に年1回以上ジョギングやランニングを実施した人の割合は9.3%(推計実施人口964マン人)となっており、基本的には右肩上がりに実施人口は増加しているようです。

昔より走っている人が増えたなと感じていましたが、2000年くらいに比べると2倍くらいジョギングやランニングをする人が増えたんですね。日本国民全体が健康志向になったのでしょう。

さて、本題に入りましょう。

ジョギングやランニング時に目立つのはキャップやウェア、そしてシューズ等ですが、『スポーツネックレス』を着用している人もかなり増えてきた印象です。

元々、肩こり対策や健康の為に磁気ネックレスやスポーツネックレスを着用していた人もいると思いますが、マラソンや駅伝のトップアスリートが着用しているのを見て購入した人も多いのではないでしょうか。

という事で、今回はマラソンや駅伝のトップランナーが愛用している人気スポーツネックレスを販売しているメーカー・ブランドを紹介してみたいと思います。

トップランナー愛用のスポーツネックレス

日本のトップマラソンランナー

phiten(ファイテン)

「phiten(ファイテン)」は、京都府京都市に本社を置く健康グッズ製造・販売会社で、「すべては健康を支えるために」をスローガンに、衣食住に関わる様々な健康グッズをリリースしています。

【業界のパイオニア】ファイテンネックレスの概要や特徴
ファイテン(phiten)は、京都府京都市に本社を置く健康グッズ製造・販売会社です。 「すべては健康を支えるために」をスローガンにして、健康グッズや医薬部外品、化粧品などから不動産事業まで、衣食住に関わるたくさんの…

プロ野球、バドミントン、卓球、フィギュアスケート、そして陸上等、様々な競技のトップアスリートが愛用している、業界のリーディングカンパニーですね。

「ヒトが本来持っている力を引き出し、身体を本来のリラックス状態に導く」「ストレスや疲労の蓄積で狂った心身のバランスを最良に保つ」という公式説明に加え、ファイテンの根幹技術である水溶化メタル技術(アクアメタル)を研究している「アクアメタル研究会」の論文では「神経調節を介した緊張緩和効果や筋・腱機能の回復効果」も期待できると発表されています。

マラソンや駅伝のランナーは「チタン水晶ネックレス」や「炭化チタンチェーンネックレス」、2018年に発表されたファイテン最高の技術“メタックス”採用の「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)シリーズ」のネックレスを愛用しているようです。

【マラソン】設楽悠太愛用のスポーツネックレス
『設楽悠太(したら ゆうた)』選手は1991年生まれの陸上選手(長距離走)。現在の所属はHondaです。 双子の兄(設楽啓太)の影響で陸上を始め、兄と共に中学・高校(武蔵越生高校で史上初の都大路出場)と駅伝で活躍。…
【復活の名門】駒澤大学陸上競技部愛用のスポーツネックレス
『駒澤大学陸上競技部』は学生三大駅伝で20回以上の優勝を誇る大学陸上界屈指の名門チームです。 出雲駅伝3勝、全日本大学駅伝12勝、箱根駅伝6勝(4連覇を含む)という素晴らしい成績を残し「平成の常勝軍団」と呼ばれた駒…
【継承と進化】國學院大學陸上部愛用のスポーツネックレス
『國學院大學陸上部』は1890年に創部された歴史あるチームです。※新字体(当用漢字)では国学院大学 ただし、長期にわたって優秀な成績を残す事はできず、箱根駅伝に初出場を果たしたのは2001年の第77回大会。 …

SEV(セブ)

「SEV(セブ)」は株式会社ダブリュ・エフ・エヌが開発した特許技術を使用した商品ブランド名、及び技術の総称であり、“Safety(安全で)”“Ecology(環境にやさしい)”“Value(付加価値の提供)”の3つの言葉の頭文字をとった言葉です。

【物質活性化テクノロジー】SEVネックレスの概要や特徴
現在スポーツネックレス市場は大変賑わっており、新旧問わず様々なメーカーが入り乱れ激しいシェア争いを演じています。 スポーツネックレスのパイオニア的存在といえばやっぱりファイテン社。 プロ野球、陸上、プロゴルフ…

SEVも様々な競技のアスリートが愛用していますが、バレーボールや陸上、自転車競技等のトップアスリートが多いイメージです。

メーカー説明を簡潔に説明すると「天然鉱石と数十種の金属を組み合わせて作ったSEVの素材には、本来ヒトやモノが持っている性能・性質を体感できるくらいまで引き出す効果がある」との事。

マラソンランナーとして有名だった藤原新さんはSEVの電子的作用が持久力に大きく関係しているミトコンドリア活性化に繋がると考え愛用していたようです。

一般にはループ部分のカラーを選べる「セブルーパーtypeM」や「セブルーパー type3G」といった「ルーパーシリーズ」が人気ですが、マラソン・駅伝のランナーにはアスリートレーベルの「メタルレールSi」シリーズが人気ですね。

【マラソン】山岸宏貴愛用のスポーツネックレス
『山岸宏貴(やまぎし ひろき)』選手は1991年生まれの陸上選手(長距離走)。現在の所属はGMOアスリーツです。 小学校の頃まで続けていた剣道を辞め、陸上を始める。高校時代は無名だったが、上武大学進学後に頭角を現した。…

マラソンや駅伝でスポーツネックレスを着けているランナーを見て、「邪魔」とか「おまじない」「ただのおしゃれ」という人もいますが、チェーン系ネックレスやトップにやや重みを感じるネックレスの揺れ具合で現在の調子を確認しているランナーも結構います。

僕がスポーツネックレスを販売している時も、本格的なランナーの方に着け心地やトップ部分の重さ等を詳しく聞かれた事もあり、こちらが勉強になった事も多かったです。

僕たち一般人にはイメージしにくいところではありますが、トップアスリートに話を聞くと「なるほど」と思わせてくれる事が多いですね。

CHRIO(クリオ)

CHRIO(クリオ)」は「CSE株式会社」が設立したスポーツ用ケアアイテムのブランドネームで、「挑む者を、ゾーンへ」のコンセプトの基、ネックレスやブレスレット、サポーター等、幅広いリカバリー・ケアアイテムを販売しています。

【挑む者をゾーンへ】CHRIO(クリオ)ネックレスの概要や特徴
『CHRIO(クリオ)』は東京都中野区にある「CSE株式会社」が設立したスポーツ用ケアアイテムのブランドネーム。 ネックレスの他にもブレスレットやローション、サポーター等、幅広い商品を販売しており、卓球や陸上、野球…

マラソンや駅伝を含む陸上競技、卓球、バドミントンのアスリートが愛用しているイメージがあります。

公式に記載されている効果は「人間の身体をリラックスにより本来あるべき一番良い状態に戻す」「柔軟性に変化を感じることができる」等。

これらの効果は「バイオレゾナンス」の考え方を基にした独自技術「クリオ加工」によってもたらされるとされています。

その他のメーカー・ブランドもそうですが、細かい部分(メーカー・ブランドの概要や特徴)は個別説明のページに簡単に記載しているので読んでみてください。

数年前までは「インパルスネックレス」「マグナネックレス」「アルファリングネックレス」などを着用しているトップランナーが多かったですが、最近はやや減少傾向にあります。

ただし、育成年代や大学陸上の選手で愛用者は多いのでまだまだ人気のあるブランドだと思います。

Colan Totte(コラントッテ)

「Colan Totte(コラントッテ)」は磁気ネックレスの分野でトップクラスの人気をほこる医療機器製造・販売会社で、「健康を主体に、皆様の心からの笑顔が得られる製品を提供する」を基本テーマに掲げ、医療機器認証を受けた管理医療機器のアイテムを販売しています。

【N極S極交互配列】コラントッテネックレスの概要や特徴
コラントッテ(Colan Totte)は大阪に本社を置く医療機器製造・販売会社です。 「健康を主体に、皆様の心からの笑顔が得られる製品を提供する」を基本テーマに掲げ、永久磁石を用いた医療機器の磁気ネックレスは健康ネ…

ファイテンとシェアを二分している有名メーカーなので様々な競技のトップアスリートが愛用しており、一部の選手とはアドバイザリー契約も結んでいます。

全商品が管理医療機器なので、薬機法(旧薬事法)で厳しく制限されている人体への効果・効能「着用部位のコリや血行の改善」を謳う事が許されており、リカバリーやケア面で効果を発揮する仕様となっています。

5,000円程度で購入可能なエントリーモデルから20,000円程度のフラッグシップモデル「TAOネックレス」シリーズまで幅広い商品展開がなされています。

駅伝・マラソン選手には「TAOネックレス AURA」や「TAOネックレス RAFFI」、「コラントッテ ネックレス LUCE」あたりが人気ですね。

コラントッテTAOネックレスのおすすめモデルはAURAとRAFFI
医療機器認証を受けた磁気ネックレスやスポーツネックレス等を販売し、"健康ネックレス"の分野で日本でも有数の知名度を誇るコラントッテ(Colantotte)。 そのコラントッテのフラグシップモデル(企業の商…
コラントッテネックレスの最強スペックはLUCE(ルーチェ)
「エビデンス(科学的根拠)のあるものをお客様にしっかり提供する」という創業当初からこだわりから、全ネックレス商品で医療機器認証を取得して説得力のある販売を続けている『コラントッテ(Colan Totte)』。 楽天…
【常勝軍団】青山学院大学陸上競技部愛用のスポーツネックレス
青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)は創部100年を超える歴史を持つ大学駅伝の強豪校です。 現在は圧倒的な強さを誇っている青学陸上部ですが、2004年に中国電力の原晋(はら すすむ)氏を招聘する前は数ある弱小校…

その他

まだまだたくさんのメーカー・ブランドがありますが、とりあえず個別の説明はここまでにして、その他のメーカー・ブランドを簡単に紹介してみます。

RETO(レト)

“3代目山の神”神野大地選手プロデュースのスポーツネックレスです。

神野選手は以前はクリオやSEVを愛用していましたが、現在は2019年8月にリリースした当該ネックレスを愛用しています。

全国に多数いる神野ファンにはおすすめのスポーツネックレスですね。

【マラソン】神野大地愛用のスポーツネックレス
『神野大地(かみの だいち)』選手は1993年生まれの陸上選手(長距離走)。現在は再生医療関連事業を展開しているバイオベンチャー「セルソース」所属のプロランナーです。 1993年9月13日、愛知県津島市生まれ。 中学…

TDK

資本金300億円、売上高1兆円オーバー(連結)の巨大企業「TDK」が製造・販売しているのが「EXNAS(エクナス)D1」という磁気ネックレス。

世界屈指の磁性技術を誇るTDKがつくった軽量でシンプルなネックレスなのでランナーにはおすすめかと思います。

【世界屈指の磁性技術】TDKネックレスの概要や特徴
意外かもしれませんが、スポーツネックレスや磁気ネックレスといった健康ネックレスの業界は中小企業が大きなシェアを占めています。 ファイテンやコラントッテ等がその代表格ですが、ファイテンの資本金は3,000万円、コラン…

AXF

現在、スポーツネックレス業界で一番勢いがあるのがこの「AXF(アクセフ)」。

「IFMC.(イフミック)」という特殊な溶出液をネックレスの素材に含浸する事で様々な効果をもたらします。

価格的にも買いやすい事からランナーにも愛用者が増えてきている印象ですね。

【イフミック】AXF(アクセフ)ネックレスの概要や特徴
AXF(アクセフ)は、大阪府大阪市港区に本社を置く「株式会社テイコク製薬社」と岐阜県岐阜市北鶉に本社を置くアパレルメーカー「サンフォード株式会社」の共同開発ブランドです。 テイコク製薬社は、″私たちは健康増進業を通…

まとめ

以上が、マラソン・駅伝のトップランナーが愛用している人気スポーツネックレスです。

もちろん今回紹介したメーカー・ブランド以外にもたくさんのアイテムがありますが、全てを説明する気力はないので有名どころを簡単に紹介させてもらいました。

個別のモデルについてはメーカー・ブランドの個別説明ページを見てもらえばおすすめのものを紹介しています。

スポーツネックレスがパフォーマンスを大幅に向上させるという事は考えられませんが、自分が好きなランナーが愛用しているモデルや気に入ったデザイン・カラーのものを身に着ければモチベーションやテンションを上げる効果はあると思います。

形から入る事もジョギングやランニングを長く続けるコツなので、始めたばかりの人はスポーツネックレスの着用を検討してみてはどうでしょうか。

高価なものは何万円~何十万円もしますが、安価なものなら数千円から購入可能なので、最初はそういったエントリーモデルから試してみてもよいかと思います。

この記事が楽しいジョギング・ランニングライフの役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました