【常勝軍団】青山学院大学陸上競技部愛用のスポーツネックレス

青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)は創部100年を超える歴史を持つ大学駅伝の強豪校です。

現在は圧倒的な強さを誇っている青学陸上部ですが、2004年に中国電力の原晋(はら すすむ)氏を招聘する前は数ある弱小校のひとつでしかありませんでした。

原監督の無謀ともいえる計画「5年で箱根駅伝の出場権獲得し、10年でシード校になり、以降は優勝を争えるチームにする」の基、強化に努め、就任5年目の第85回箱根駅伝記念大会において史上最大のブランクとなる33年ぶりに同陸上部の出場を果たします(総合22位)

2009年に第41回全日本大学駅伝対校選手権大会に初出場で15位、翌2010年には第86回箱根駅伝大会で8位に躍進し41年ぶりのシード権を獲得。

その後もチームを強化し続け、2012年には第24回出雲駅伝で「三大大学駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)」初優勝を達成します。

そして迎えた2015年、”三代目山の神”神野大地を擁して第91回箱根駅伝大会で初の総合優勝を達成し、第27回出雲駅伝でも3年ぶり2回目の優勝を飾って箱根駅伝連覇の道を進み始めます。

2017年には同シーズンにおける「大学駅伝三冠」も達成。さらに2018年第94回箱根駅伝大会にて史上6校目の4連覇を果たしました。

それでは「最強」青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)が愛用しているスポーツネックレスを紹介したいと思います。

青山学院大学陸上競技部選手着用ネックレス

青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)は2019年から、健康ネックレス業界大手の「コラントッテ社」とアドバイザリー契約を締結しています。

コラントッテ社は一般磁気製品に使われる同方向同極配列ではなく、従来のモノより広範囲に高い効果が期待できると謳った独自技術「N極S極交互配列」を採用した磁石を使用した磁気商品を製造・販売している企業。

【N極S極交互配列】コラントッテネックレスの概要や特徴
コラントッテ(Colan Totte)は大阪に本社を置く医療機器製造・販売会社です。 「健康を主体に、皆様の心からの笑顔が得られる製品を提供する」を基本テーマに掲げ、永久磁石を用いた医療機器の磁気ネックレスは健康ネ…

販売している磁気ネックレスは全て管理医療機器で、薬機法によって厳しく制限されている効果・効能(家庭用永久磁石磁気治療器:「装着部位のこり及び血行の改善」)を謳う事を厚生労働省に認められています。

医療機器認証を受けた磁気ネックレス

厚労省所轄の管理医療機器として認証を受ける事で”装着部位のこりおよび血行改善の効果効能”を謳う事ができる。
分類は「家庭用永久磁石磁気治療器」。
認証を受けなくても磁石を使ったネックレスとして販売は可能だが、管理医療機器の磁気ネックレスは「家庭用永久磁石磁気治療器基準」に沿ってつくられているので安心感は高い。
ただし「認証を受けている=こりを改善する効果が高い」というわけではない。

家庭用永久磁石磁気治療器基準

選手たちのコメント

日々のトレーニングで20キロ~30キロ走る中で体全体の疲労がたまりやすいです。
コラントッテを着用しだしてから筋肉の疲労感は軽減されたような気がしています。



ワックルネック SPORT(スポート)

コラントッテの公式サイトには選手愛用のネックレスとして2点が紹介されています。

1点目は画像の左下と右上のスポーツネックレス『ワックルネック SPORT(スポート)』。値段は5,000円程度と、コラントッテの中では比較的リーズナブルなエントリーモデルです。

しかし、その他のエントリーモデルよりも強力な140mT×8個の希土類永久磁石を採用しているので効果は申し分ありません(首周りに沿った形でループに内蔵)

コラントッテのラインナップで最もスポーティなデザインのひとつで、軽量かつ水や汗に強いシリコンを採用したモデルなので、駅伝やマラソン等、汗をたくさんかいたり、急な雨で濡れてしまう競技でも安心して着用できます。

金属を全く使っていないので金属アレルギーの心配がないのも大きなプラスポイントですね。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

 

「SPORT(スポート)」の他にもコラントッテのエントリーモデルは様々な種類があります。

【~5,000円】コラントッテのおすすめエントリーモデル
肩こりや体のリカバリーに効果がある磁気ネックレスの業界で確固たる地位を築いているコラントッテ。 数ある健康ネックレスメーカーの中でもコラントッテは比較的高価な商品が多いのですが、もちろん手軽に購入できるエントリーモ…

TAO ネックレス スリム AURA mini

2点目はコラントッテの最高級モデルである「TAOネックレス」シリーズの人気商品『TAOネックレス スリム AURA mini』です。

メーカーのフラッグシップモデルである「TAOネックレス」シリーズが他のコラントッテネックレスと異なるのは”ネックループ全体に磁石(55mT)を10ミリ間隔に配置して広範囲に働きかける”という特許取得技術を採用している事。これによってさらに高い効果が期待できるといわれています。

【コラントッテ】人気商品クレストとTAOシリーズの効果の違い
一般的によく使われている「同方向同極配列」ではなく、独自技術「N極S極交互配列」を採用する事で、従来の商品よりも広範囲に高い効果が期待できると言われている、医療機器製造・販売会社「コラントッテ社」の磁気ネックレス。 …

ネックレスの金属部分には俗に”サージカルステンレス”と呼ばれている耐食性の高いオーステナイト系ステンレス「SUS316L」を採用。トップとジョイント部分は18金仕上げが施されています。

SUS316LはSUS316から炭素を減らし不動態皮膜修復能力を持つモリブデンを加える事でより高い耐食性を可能にしており、チタン等と同様にアレルギーの心配が少なく安心して身に着けられる金属の一つです。

このネックレスはコラントッテネックレスで最も有名な「TAOネックレスAURA(アウラ)」のトップ部分を小さくし、ループ幅(紐の太さ)も4mm→3mmに細くしたコンパクトモデルです。

コンパクトになった事で通常モデルより重量を約45%軽量化でき、走行中でも気になりにくい適度な重量になっています。

TAOネックレス スリム AURAとAURAminiの大きさ比較

画像:AURA mini(画像左)とAURA(画像右)の比較

上品なシャンパンゴールドと洗練されたデザインで女性に非常に人気のあるモデルですが、男性が着用してもスマート&ユニセックスでいい感じですね。

「TAOネックレス」シリーズは、日本の職人が手作業でひとつひとつ製造しており、その中でもAURAのトップ部分には「研ぎ出し七宝」という伝統工芸技法も採用されています。

《動画:コラントッテ公式-クラフトマンシップ》


TAOネックレスは他にも数種類トップ部分の形状が違うものがあります。

駅伝部の中には「RAFFI(ラフィ)」のプレミアムカラーや「スリム RAFFI mini」を着用している選手もいました。「RAFFI(ラフィ)」はトップのデザインがシンプルで若い人や女性を中心に非常に人気のあるモデルです。

TAOネックレスについては下の記事でもう少し詳しく説明しています。

コラントッテTAOネックレスのおすすめモデルはAURAとRAFFI
医療機器認証を受けた磁気ネックレスやスポーツネックレス等を販売し、"健康ネックレス"の分野で日本でも有数の知名度を誇るコラントッテ(Colantotte)。 そのコラントッテのフラグシップモデル(企業の商…

コラントッテやファイテンといった人気メーカーのスポーツネックレスは中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が青山学院大学陸上競技部(長距離ブロック)の選手たちが愛用しているスポーツネックレスです。

原監督が選手たちに課している重要なルールは”規則正しい生活をする事”。

トレーニングを完璧にこなしたとしても、生活習慣が乱れてしまえばパフォーマンス向上は期待できないという考え方の基、早寝・早起きやしっかりとした栄養摂取等のルールが制定され、有名な3つの行動指針が定められました。

一. 感動を人からもらうのではなく、感動を与えることのできる人間になろう。
一. 今日のことは今日やろう。明日はまた、明日やるべきことがある。
一. 人間の能力に大きな差はない。あるとすればそれは熱意の差だ。 

これらの行動指針と「より良い組織がより良い人材を育てる」「個人に依存するのではなく、全体で戦う」という原監督の持論に則って強化が進められ「弱小から最強へ」という目標を達成したのでしょう。

今後も青山学院大学には駅伝の主役として僕たちに感動を届けてもらいたいですね。