【広島東洋カープ】森下暢仁愛用のスポーツネックレス

広島東洋カープの背番号18『森下暢仁(もりした まさと)』投手は2019年ドラフト1位で明治大学から入団した右投右打の投手です。

小学3年生から野球を始め、全中に出場した中学時代までは軟式野球部に所属。

プロ野球は中学時代から硬式野球を経験していた選手が多いですが、投手というポジションに限っては硬式というアドバンテージが特に存在しないのか、同チームの大瀬良投手を始め、巨人・菅野、横浜・今永、ソフトバンク・千賀、オリックス・山岡、楽天・岸などトップ選手の多くが軟式出身ですね。

大分商業高校時代は1年先輩に現在ソフトバンクで活躍している笠谷俊介投手が、そして同学年には同じくソフトバンクの川瀬晃選手がいました。

大分商の渡邉監督は中学時代から高く評価していたショートでレギュラーをとってほしいと考えており、ピッチャーは川瀬、ショートは森下という構想を立てていたようです。

しかし、2年の秋頃にショートからの送球の伸び方が違っていた事に気付いた監督が試しにブルペンに入れてみると、1年時には120キロそこそこだった球速がなんと140キロ超に。

笠谷選手だけは「こいつはちょっと違う。絶対に良いピッチャーになる」と1年時から見抜いていたそうですが、いきなりの覚醒に監督も驚いたとの事。

そこからピッチャーとしてプロに行きたいと言っていた川瀬選手を実力で納得させ投手としての道を歩み始めました。

その後はU-18野球日本代表に選出され、進学先の明治大学では1年生から出場し2年春には主戦格として安定した成績を残します。

もう一段上のレベルに上がったのは4年の春。

それまでは良い球は投げていたものの試合終盤につかまり勝ち切れない試合も多くありましたが、最後の年からは試合終盤になっても失投がほとんどなくなり試合を通して質の高い球を投げられるようになりました。

侍ジャパン大学代表のチームメイトである中日・郡司裕也捕手やロッテ・佐藤都志也捕手は森下投手の事を「自分で考えながら投げている」「自分の意思を持ったなかでちゃんと裏付けがあって投げている、キャッチャーらしいピッチャー」と評しています。

そして2019年のドラフトでは奥川投手や佐々木投手らと同様のトップ評価を受けNPBの扉を開けました。

体を縦に使った力強いオーバースローから投げ下ろす最速154キロのストレートとソフトバンクの武田翔太投手を思わせる縦に大きく割れるカーブが大きな特徴。その他、抜けの良いチェンジアップやわずかにスライドするカットボール、あまり投げる事はありませんが縦成分の強いスライダーも持ち球です。

佐々岡監督や前田健太投手らが背負ったエースナンバー18を託され、カープファンの期待を一身に背負っています。

それでは森下暢仁投手愛用のスポーツネックレスを紹介します。

森下暢仁着用ネックレス

広島カープ 森下暢仁 AXFカラーバンド スポーツネックレス

AXF Color Band(REFLECTOR)

いつもシャツで隠れているので少し見にくいですが、細いチェーン状のファッションネックレスと一緒に身につけているブルーのネックレスは、スポーツブランド「AXF(アクセフ)」の『AXF Color Band(カラーバンド)』です。

【イフミック】AXF(アクセフ)ネックレスの概要や特徴
AXF(アクセフ)は、大阪府大阪市港区に本社を置く「株式会社テイコク製薬社」と岐阜県岐阜市北鶉に本社を置くアパレルメーカー「サンフォード株式会社」の共同開発ブランドです。 テイコク製薬社は、″私たちは健康増進業を通…

AXFは2017年に設立された比較的新しいブランドですが、巨人の坂本選手やバドミントンの桃田賢斗選手など様々な競技のトップアスリートが着用している事が話題になり、一気に人気ブランドの仲間入りを果たしました。

AXF商品の最大の特長は、「IFMC.(イフミック)」と呼ばれる溶出液をネックレスの素材に含浸している事。

イフミックとは、鉱物や水、温泉水を特定の配合・比率で組み合わせた溶出液の事で、これを皮膚に直接噴霧したり、布に含浸した後、皮膚に接触させることで様々な効果が期待できるようです。

公式ホームページで紹介されていたのは「皮膚温度の上昇」や「血流増加」、「体幹・バランス強化」等。その他AXFの共同開発元である株式会社テイコク製薬社が東京都市大学と連携して開設した”ミネラル結晶体研究センター”の公式サイトには「平衡感覚改善」や「鎮痛」、「新陳代謝促進」等の効果も期待できると記載されていました。

ミネラル結晶体研究センター

これらの効果の一部はイフミックを含浸した素材に触れる事で産出される「一酸化窒素」によってもたらされている事が明らかになっています。

【イフミック】AXF(アクセフ)の効果の源は一酸化窒素?
株式会社テイコク製薬社とサンフォード株式会社の共同開発ブランド『AXF(アクセフ)』。 昨年に引き続き今年2019年も多くのアスリートに着用されている人気ネックレスです。今年は野球やバドミントンに続いて卓球やゴルフ…

ネックレスの素材にはナイロンと天然ゴムを採用。

化繊素材は雑菌が発生して悪臭が出やすくなるのが大きなデメリットなのですが、この商品は衛生面にもこだわっており、洗濯をしなくても菌が繁殖しにくい「NANOFINE加工」という抗菌加工が施されています。

AXFカラーバンドが臭いにくい理由と洗濯方法
野球選手やバトミントン選手等、多くのアスリートに愛用されている『AXFカラーバンド』。 値段も5,000円程度とそれほど高くなく、カラーバリエーションも豊富で着け心地もいいネックレスですが、見た目だけではなく「体幹…

現在AXFカラーバンドは数種類販売されています。画像の森下投手が着用しているのはリフレクターという反射部分がついた「Color Band(Reflector)」の単色タイプ(MONO COLOR)ですね。カラーは「ALL BLUE」。

COLOR BAND (REFLECTOR MONOCOLOR)
AXF(アクセフ)

まとめ

以上が広島東洋カープ森下暢仁投手の愛用スポーツネックレスです。

即戦力として期待されていた森下投手は、2度目の登板となった6月28日の中日戦で9回途中3失点という素晴らしい内容でプロ初勝利を飾りました。

その後はやや四球が多く球数が嵩みながらも要所は抑えるピッチングで好投を続けており、7月23日の阪神戦では二桁奪三振(10個)も記録。現在の投球を続けていけば新人王候補の最右翼なのは間違いないでしょう。

遠藤淳志投手らと一緒にカープ投手陣を支える存在になるであろう森下投手には今後も注目していきたいと思います。

COLOR BAND (REFLECTOR MONOCOLOR)
AXF(アクセフ)
タイトルとURLをコピーしました