はじめに

厚労省が保健や医療、福祉、年金、所得など、国民生活の基礎的な事項を調査するために実施する「国民生活基礎調査」。

例年この調査で、病気やけがなどで自覚症状のある者の割合である「有訴者率」1~3位に位置している症状は「肩こり」です(2015年度調査では女性1位男性2位)。

性別にみた有訴者率の上位5症状(複数回答)

肩こりを改善するためにさまざまなアイテムが利用されていますが、全体の16%程度の人が使用しているアイテムが「磁気ネックレス」です。

「科学的根拠や裏付けがない」「ただのプラシーボ効果」などと批判される事も多い磁気ネックレスですが、これだけたくさんの人が肩こり対策として利用しているとなると全く効果がないとはいえないでしょう。

 

この磁気ネックレスを含め、日本にはたくさんの「健康ネックレス」が販売されており、肩こり対策や、スポーツ時のパフォーマンス向上を目的としたものなど、多種多様です。

ただ、健康ネックレスは数えきれないくらいたくさん存在しているので、購入したくてもどこのメーカーのどの商品を買えばいいのか分からない人が多いかもしれません。

 

そういう時に頼りになるのがネット検索なのですが、GoogleやYahoo!で検索して出てくるのは大手商品紹介サイトの「磁気ネックレス人気ランキング」「スポーツネックレス人気ランキング」といったものがほとんど。

それらのサイトは内容も適当なものが多く、たとえば「【肩こりに!】磁気ネックレスのおすすめ人気ランキング〇〇選」というタイトルの記事なのに、1位と2位に磁気ネックレスではないファイテンの「RAKUWAネックX100(チョッパーモデル) 」と「RAKUWAネックX100 ミラーボール」をランクインさせるようなところも(最近になってようやく修正)。

そもそも大手紹介サイトは販売個数を調べたわけでも、参考にできる数のアンケートをとったわけでもなく、単純に紹介して儲かりそうな健康ネックレスを恣意的に並べただけのランキングを平気で載せているので注意が必要です

 

そういった質の悪いサイトではなく、商品について非常に詳しく説明している素晴らしい個人サイトもたくさんあるのですが、検索順位を決めているGoogleはそういう小さなサイトを冷遇し、大手商品紹介サイトを優遇しているので、一般の方がそのような良質なサイトを目にする事はほとんどないでしょう。

これは健康ネックレスに限った事ではなく、ほぼ全ての商品にいえる事ですが・・・。

 

当サイト「健康ネックレスラボ」は、これまで数多くの健康ネックレスを販売した経験に基づいてできるだけ分かりやすく商品を説明する事を目的としてつくりました。

個別のメーカーや商品の説明の他、スポーツ選手が愛用している健康ネックレスなども紹介したいと思います。

個人の小さなサイトなので、皆さんの目に触れる事はないかもしれませんが、もし何かの偶然で辿り着いた方のお役に少しでもたてれば幸いです。

当記事画像参照:厚生労働省