【ディープバランサー】846YAJIROネックレスの概要や特徴

846YAJIRO(ヤジロ)』は京都府京都市に本社を置く「八次呂株式会社」が設立したブランドで、ネックレスやブレスレット、衣類等のスポーツ・健康関連商品を製造・販売しています。

開発テーマは「今日の疲れを次の日に持ち越すこと無く急速に身体をより良いバランスに戻し自身が本来持ち備えた能力を発揮できるようサポートする」。

設立は2010年代とまだ新しいブランドではありますが(前身の会社を含めると10年以上)、トップアスリートのバックアップに力を入れている事もあって、プロ野球選手やプロサッカー選手を中心に愛用者が増えている勢いのあるブランドです。

八次呂株式会社の代表取締役を務める宮野元喜氏は元高校球児で福井の強豪・敦賀気比(つるがけひ)高校の一塁手として甲子園にも出場している人物(第79回大会ではベスト8に進出)

チームメイトで注目選手のひとりだった三上真司投手はその年のドラフトでヤクルトから一位指名を受けていたと記憶しています。その年の敦賀気比は好守のバランスの良い素晴らしいチームでした。

スポーツネックレスの知名度を高めるには有名アスリートに商品を着用してもらうのが非常に重要なのですが、代表がプロ野球選手を多数輩出している敦賀気比出身というのは大きな強みだと思います。

広島東洋カープに846YAJIROを愛用している選手がたくさんいるのも、敦賀気比出身の東出輝裕一軍打撃コーチとのつながりがあるのかななど、いろいろ想像してしまいますね。

それでは846YAJIROの主力アイテムである「DEEP BALANCER(ディープバランサー)ネックレス」の概要や特徴について僕が調べたり感じた事を説明してみたいと思います。

ディープバランサーネックレスの効果

近年では電波・光・X線・ガンマ線など周波数の違いによって分類されている電磁波の中で、電波と光の間の周波数を持つテラヘルツと呼ばれる電磁波が、人体に様々な良い影響を与えることが科学的に立証され脚光を浴びるとともに、急速にその研究も進んでいます。

「846YAJIROディープバランサー」は、限られた地域にしか存在しない特殊な原料を厳選・配合し、非常に高い温度と独自の技術を用いることによって加工・形成に成功した、人体により有効な電磁波を放射する製品です。 その結果生まれた、超硬度のギアパーツYAJIROクリスタルは、育成光線や遠赤外線など人体に有効な電磁波を放射して細胞を刺激・活性化させ、体温を上げ、最も特徴的な事として、体の70%を占める体内の水分バランスを急速に整え体調を最適な状態へと導きます。 

846YAJIRO公式サイトより

846YAJIROのアイテムは独自技術で加工・形成した素材(5種類の846YAJIRO鉱石を使用)から放射される人体に有効な電磁波(育成光線・遠赤外線など)によって細胞を刺激・活性化させ体調を最適な状態へと導く効果があるとの事。

スポーツネックレスには様々なタイプがありますが、この説明を読むと846YAJIROは鉱石を使用した周波数系や遠赤外線系のタイプにあてはまるといえるでしょう。

遠赤外線という言葉は聞いた事がある人も多いかと思いますが「育成光線」という言葉は知らない人も多いかもしれません。

僕もあまり聞いた事がない言葉だったので簡単に調べてみると・・・

  • 赤外線の中で8~15μm(4~14μmとも)の波長のもの
  • 深達力に優れ、人体の分子と育成光線との共鳴作用によって細胞の新陳代謝を促進する
  • 「テラヘルツ波」と呼ばれることもある

おおまかにはこんな感じですが、その他に損傷したDNAや細胞を元に戻す、血液や細胞そのものを活性化、肩こりに対する緩和効果、がん細胞の増殖抑制等に期待できると記載しているサイトがありました。

ただ、個人的な感想としてはテラヘルツについて好意的な意見を書いているサイトはどうにも胡散臭いところが多いなと。

「近代量子物理学の理論で分かってきた」「医学界で難病の治癒効果が確認」「傷ついた細胞を修復するという作用がある事が分かっている」等々、確信的な文言を記載しているサイトもあったので、テラヘルツが人体にポジティブな影響を与えると結論付けている論文を探してみましたが癌や難病など主要なものは見つけられず。

かろうじて見つけられたのは「テラシールの肩こりに対する効用」という治験(臨床試験)でした。

これは、強力なテラヘルツ波を発振するテラシール(テラヘルツ波発振シール)の肩こりに対する緩和効用テストを二重盲検法によって150名の被験者について行っています。

結果は女性群ではテラシールの方が対照群と比較して肩こり緩和効果が有意に高かったが、男性群および被験者総数ではテラシールの肩こり緩和効果が認められたものの対象群との有意差はありませんでした。対象群にも効果が認められたのはプラシーボ効果によるものと推測し、テラヘルツ波は肩こり緩和に有効であると結論付けています。

プラシーボ(プラセボ)効果とは?

偽薬(外見は本物だが薬として効く成分が入っていない偽物の薬)を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事。
スポーツネックレスを例に挙げるなら、本来何の効果もないネックレスだとしても商品説明を信じ込む事で高く跳べたり、体が柔らかくなったり、倒れにくくなったりする事。

こういう実験を見る度にプラシーボ効果の凄さと人体の不思議さに驚いてしまいますね。「病は気から」とはよく言ったものです。

 

一部の例外はありますが、現状テラヘルツ波はセキュリティ検査や医薬品の固有スペクトルの検出・可視化、非破壊検査等に応用されており、「○○を治癒する」というのではなく「○○を見つける」という事に利用されているようです。

「バイオや医療の分野で利用されている」と健康に関連付けて自社のテラヘルツ関連アイテムを販売しようとしている店も多々ありましたが、例えば腫瘍の検出や分析などに利用しているのであって腫瘍を治療するために利用されているわけではありません。

多くのテラヘルツ関連アイテムが様々なメーカーから発売されているものの科学的根拠の希薄なものがほとんどで、長年テラヘルツの研究を行っている名古屋大学の川瀬教授も<最近出回っている「テラヘルツ鉱石などの健康グッズ」に関して>というタイトルで自らのサイトにて注意喚起しています。

科学的根拠の希薄な様々なテラヘルツ健康グッズを販売している会社が 近年多数見受けられます。ひどい会社になると、勝手に『名古屋大学川瀬教授が発明したテラヘルツ波動に基づき、水晶を高温で焼き上げたテラヘルツ波を発生する鉱石が癌や脳梗塞を治す』などとして高価な値段 でネックレスなどをご病気の高齢者相手に私の写真などを見せながら販売していると一般の方から苦情を頂きました。

これらのことは非常に腹立たしく、我々と何の関係もないばかりか、科学的な根拠が希薄な詐欺紛いの商法です。私は20年以上、テラヘルツ波の生体への影響を研究してきましたが、もしもそれらの会社のうたう効能に(学会が認めるような)科学的根拠が見つかったら、それだけで ノーベル賞ものですが、まだ世界の誰もそのような確たる根拠を発見していません。

テラヘルツ鉱石などの健康グッズ」に関して

846のディープバランサーに関しては川瀬教授のいう「詐欺紛いの商品」のように癌や脳梗塞を治すなどの効果・効能は謳っておらず、<「冷え」と様々な「体の歪み」を解消・調整し体全体を正しいバランスに戻す>や<バランス 体幹 疲労回復>、<怪我の防止>程度に留めています。

さらに<※効能・効果や身体への反応は個人差がございます。医療機器・医薬品ではございません>と記載し、薬機法(旧薬事法)にも配慮しているようにみえます。

値段に関しても、ブランドのフラッグシップモデルである「DEEP BALANCER 8シリーズ」は10万円を超えますが、ミドルクラスの「DEEP BALANCER 6シリーズ」で6万円程度、ベーシッククラス「DEEP BALANCER 4シリーズ」は3万円弱と一般的なスポーツネックレスに比べるとやや高価ではあるものの高すぎる事はないかと思います。

素材的に遠赤外線を発し体を温める効果はあると思いますし、作用機序は解明されていませんがある種の鉱石に体幹やバランスを強化する効果があるのも分かっています。

【体幹・バランス強化系スポーツネックレス】効果や人気商品を紹介
『体幹』という言葉はフィットネス関連で10数年ほど前から使われるようになった言葉で、広義の意味は「体の幹、胴体の部分」、狭義の意味では「腹腔という部分を囲む、横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群の4つの筋肉」を差すようです…

癌や難病の治療効果はないと思いますが、「冷え」を解消する事は体にポジティブな効果を与えたりスポーツ時の怪我防止に役立つのは間違いないので、ネックレスのデザインが気に入れば購入するのも悪くないでしょう。

846ネックレスを実際に使ってみた感想

僕は数年前まで磁気ネックレスやスポーツネックレスを販売していたので、小売店に商品を卸している主要なメーカー・ブランドのアイテムについては概要や着け心地をある程度理解しています。

ですが、846YAJIROは京都の直営店と奈良、和歌山、沖縄、山梨、岐阜、福井の正規代理店、自社運営のオンラインストア(本店・楽天市場店)のみで販売しているようなので、恥ずかしながらこれまで商品を手に取る機会はありませんでした。

商品に対する知識もなく無責任な売り方をする小売店も多いので、販売チャネルを絞って販売するのは個人的に賛成です。ブランド価値も落ちにくいですからね。

広島の最強スラッガー鈴木誠也選手や期待のルーキー小園海斗選手なども着用しているブランドなのと、付け心地や効果がなかなか想像できなかったのでとりあえず買って使ってみる事にしました。

キュレーションサイト(まとめサイト)をはじめ、ネット上にはその商品を全く知らないのにメーカーの説明だけを鵜呑みにして購入を促しているサイトがたくさん存在していますが、スポーツネックレスは実際に手に取って見たり着けてみないと分からない事が多いです。

購入したのは公式サイトに一番人気と書かれていたベーシッククラスの「DEEP BALANCER 4シリーズ」。

846YAJIROネックレス4シリーズブラック×ブラック

広島や西武の選手はチームカラーのレッドやブルーを着用していますが、僕は普段使いを重視して「ブラック×ブラック」に。

ファイテンの「炭化チタンチェーンネックレス」やコラントッテの「コラントッテLUCE」等、最近はスポーツ時だけでなく普段使いでもあまり目立たないスポーツネックレスがトレンドですね。

コラントッテネックレスの最強スペックはLUCE(ルーチェ)
「エビデンス(科学的根拠)のあるものをお客様にしっかり提供する」という創業当初からこだわりから、全ネックレス商品で医療機器認証を取得して説得力のある販売を続けている『コラントッテ(Colan Totte)』。 楽天…

846YAJIRO二条離宮店の公式ブログで毎月人気アイテムランキングが紹介されているのですが、毎回人気第1位は「DEEP BALANCER 4シリーズ」のブラック×ブラックのようです。

846YAJIROネックレス4シリーズブラック×ブラック品質保証書

きれいな化粧箱に入っていたり「品質保証書」が入っていたりと、さすがはブランディングに力を入れているメーカーだなと思いました。

店構えなどを見ても、スポーツアイテムを製造・販売しているメーカーなのに体育会系ではなくどこか美容・服飾関連のニオイを感じます。

846YAJIROネックレス4シリーズブラック×ブラック重量

ネックレスの重量は約14g。スポーツネックレスの中では軽くもなく重くもない普通くらいの重さかと。

不規則な形の鉱石をつなぎ合わせてネックレスにしているのでガサガサ感があり着け心地はあまり良くないのではと最初は思っていましたが、実際着けてみるとそんなに違和感・不快感は感じませんでした。

メーカー推奨は衣類の外に着用する事らしいので(もちろん内側でもOK)気になる人は服の上から着けるとよいでしょう。

 

効果に関しては、購入してから半年ほど、週に3日くらい着用しているのですが、元々肩こり以外は特に不調なところがないので目に見えた変化は見られず。平熱も36℃前半と元々高めなのであまり変わらないですね。

肩こりに関してもコラントッテのTAOネックレスと重ね付けしているので単体の効果は分かりません。ABテストをするのもちょっと面倒ですし 笑

ただ、見た目は結構気に入っています。ネックレスだけ見るとブラック×ブラックでも結構派手に見えますが、実際着けてみるとそれほどでもなく。合わせにくさは感じません。

個人的には男性よりも女性のほうが似合う気がしました。黒系のフォーマルなファッションでも合うと思うし、鉱石系なのでエスニック&アジアンとかでも似合うのではないでしょうか。

846は元々冷えに悩む女性の「温活」のために商品を開発してきたメーカーなので、女性にも着用してほしいという思いがデザインに反映されているのかもしれませんね。

846YAJIROネックレスの種類

846YAJIROディープバランサーネックレスの種類はベーシッククラスの「DEEP BALANCER 4シリーズ」、ミドルクラスの「DEEP BALANCER 6シリーズ」、ハイクラスの「DEEP BALANCER 8シリーズ」の3種類です。

この3種類をベースにカラーや留め具の形状(留め具のカラーを選べるモデルも)を選ぶ形になります。

留め具はマグネットタイプとパーツ同士を引っ掛けて固定するタイプがありますが、後者の方が846アピールがより強く、印象的なデザインだと思います。

846YAJIROネックレスチタンパーツ留め具

留め具パーツの素材は眼鏡の世界3大産地のひとつとして有名な福井県鯖江市でハンドメイドによって作られたチタンを使用(TITA22:チタツーツー)。鯖江のチタンは眼鏡部品や航空・自動車部品、医療機器、スポーツギアなど様々な業種で利用されています。

チタンは酸化被膜を生成する事で金属イオンが溶出しにくく金属アレルギーを起こしにくい素材。金属アレルギーは汗や体液などによって溶出した金属イオンが人体のタンパク質と結合して起こるため、チタン素材のスポーツネックレスは汗をかきやすいハードなスポーツ時でも比較的安心して着けられるかと。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

モデルによって「GOLD TITA22」「SILVER TITA22」「BLACK TITA22」とカラーが異なりますが、これはIP(イオンプレーティング)加工を施しているのでしょうか。846はイメージ重視で個別具体的な説明はあまりしていないので素材や加工方法等、細かいところは分かりませんね。

サイズは4シリーズが45cm(M)と50cm(L)の2種類、6シリーズは44cm(M)、50cm(L)、52cm(LL)の3種類、8シリーズのベースは45cm(M)と50cm(L)ですが、フラッグシップモデルだけあって1cm毎の長さ変更が可能なオーダータイプ(値段は長さによって変動)となっています。

鉱石系は接地面積が多いほど効果が高くなるものも多いので長めのサイズがよいかもしれません。公式サイトには45cmと50cmのどちらが着けやすいかという質問に対して「ディープバランサーは揺れや太陽の光と大変相性が良い為、Lサイズ50センチを通常サイズとしております。」と答えています。

効果は4シリーズ<6シリーズ<8シリーズとなっており、8シリーズの説明には「4シリーズ7本分の成分を用いている」と記載されています。6シリーズにおいては「4シリーズと8シリーズの特徴をバランスよく備えたライン」との事。

4シリーズでも3万円弱と一般的なスポーツネックレスに比べると高額なので、まずはベーシックラインの4シリーズから試してみて、効果を実感し、もっとハイクラスが欲しいと思ったらより上位のモデルを購入するのがよいかと思います。

846YAJIROはブランディングを大切にしているメーカーゆえに基本値引き販売はしていませんが、楽天市場に公式運営ショップを出店しているので、スーパーセールやマラソン時などポイント倍率が高い時に購入すれば少しは安く購入できるでしょう。

846YAJIROディープバランサー4シリーズカラーバリエーション
846YAJIROディープバランサー6シリーズカラーバリエーション
846YAJIROディープバランサー8シリーズカラーバリエーション

水濡れや入浴に関しては、留め具にチタンパーツ(TITA22)が使われているものはOK、「マグネットパーツ」に関しては変色の恐れがあるのでおすすめできないとの事。

ネックレスの汚れが目立ってきた時は少量の中性洗剤(アクロンやエマールといったおしゃれ着用洗剤)またはシャンプーで優しく押し洗いし、形を整えて陰干しする事を推奨しています。

ネックレスのワイヤーや留め具が傷んできたら有償交換も受け付けています。ネックレス自体の値段は高めですが、このあたりのアフターサービスはありがたいですね。

まとめ

以上が846YAJIROネックレスの概要や特徴です。

販売経験のないメーカーのアイテムだったので、いろいろと調べた事を書いたり実際に購入して使った感想などを書いた為、文章がかなり長めになってしまいました。

846YAJIROは、まだまだ露出度は高くないもののプロ野球を中心に着用選手が増えてきているので要注目のメーカーだと思います。

ネックレスの効果については、研究機関と共同で研究しデータを出したり論文を発表しているわけではなく、説明も薬機法に配慮してか非常に抽象的なものになっているのでなんともいえない部分も・・・。

スポーツネックレスはデザインも重要ですが、効果に期待して購入する人も多いので、説得力のある説明ができるかも重要ではないでしょうか。今後に期待ですね。

ネックレス以外でもブレスレットや衣類、トートバックなど個性的なアイテムをリリースしているので今後も注目したいと思います。

当サイトの記事を引用(出典元を記載・リンク)、シェアしていただくのは構いませんが、盗用またはリライトする行為には当該サイトの広告主(アドセンス、Amazonアソシエイト等)への通報やDMCA申立、訴訟等、厳しく対応しています。
スポーツネックレス
──この記事をみんなに教える──
健康ネックレスラボ
タイトルとURLをコピーしました