【フィギュアスケート】宇野昌磨愛用のスポーツネックレス

宇野昌磨(うの しょうま)』選手は、1997年生まれのフィギュアスケート選手。現在の所属はトヨタ自動車。

2017・2018年世界選手権(銀メダル)、2017・2018年グランプリファイナル(2位)、2018年平昌オリンピック(銀メダル)、2019年四大陸選手権(優勝)など、国内外の大会で優れた成績を残している日本を代表するスケーターです。

主要な国際競技会で獲得したメダルは17個(金メダル6個)。※2019年9月現在

主要な国際競技会
大会1位2位3位
オリンピック
世界選手権
四大陸選手権
グランプリファイナル
世界国別対抗戦
アジア冬季大会
ユースオリンピック
世界ジュニア選手権
ジュニアグランプリファイナル
合計

ジャンプ、スピン、ステップの全てにおいて高い技術を持ち、スピンとステップはほとんどで「レベル4」を達成するなど、完成度の高い演技が特長。トレードマークは高い柔軟性と体幹の強さを活かした「クリムキンイーグル」です。

技術力の高さに加え、圧倒的な表現力も宇野選手の魅力。

受け取り方は人によってまちまちだと思いますが、集中して宇野選手の演技を見ていると選手を通して物語が見えるような気がしてきます。フィギュアスケートにはスポーツだけでなく芸術的側面があるというのを感じさせてくれる瞬間ですね。

演技が始まりオフの時のフワッとしたあどけない表情から一転してアスリートの厳しい顔に切り替わる瞬間も僕的興奮ポイントです。

それでは宇野昌磨選手愛用のスポーツネックレスを紹介したいと思います。

宇野昌磨選手愛用ネックレス

フィギュアスケート 宇野昌磨 コラントッテTAOネックレスAURA

宇野選手は2015年に健康ネックレス業界大手の「コラントッテ社」とアドバイザリー契約を結んでいます。

【N極S極交互配列】コラントッテネックレスの概要や特徴
コラントッテ(Colan Totte)は大阪に本社を置く医療機器製造・販売会社です。 「健康を主体に、皆様の心からの笑顔が得られる製品を提供する」を基本テーマに掲げ、永久磁石を用いた医療機器の磁気ネックレスは健康ネ…

コラントッテのネックレスを愛用しているアスリートは数多くいますが、アドバイザリー契約を結べるのは各競技で実力や人気のある一握りの選手だけ。

さらに、契約アスリートの中でもインパクトは絶大で「コラントッテ=宇野昌磨」という印象を持っている人は多いと思います。

まさに「コラントッテの顔」ともいえるトップアスリートですね。

TAOネックレスAURA(アウラ)

宇野選手が着用しているのはコラントッテのフラッグシップモデル「TAOネックレス」シリーズの人気商品『TAOネックレスAURA』。

トップ部分の「Co」が印象的な「AURA」は多くのアスリートに人気のモデルで、フィギュアスケートだけでなく、プロ野球、卓球、プロゴルフ、陸上等、あらゆる競技のトップアスリートが愛用しています。

「AURA」にはカラーや形状が異なるものが数種類ありますが、宇野選手は気分によってカラーや種類を変えているようです。

最近は「数量限定モデル:2019年は【SHOMA2019】」を着用している事が多いですね。限定モデルは公式サイトや直営店でのみ予約を受け付けており、毎回すぐに売り切れてしまいます。

限定モデル以外では標準カラーのブラック、ブラックレッドラメに加えてプレミアムカラーであるプレミアムゴールド(値段は若干アップ)という3種類のカラーバリエーションがあります。

さらに、ループ幅(紐の太さ)が通常のAURAより1mm細くなり(4mm→3mm)トップ部分もよりコンパクト(重量も約45%軽量化)になった商品「スリム AURA mini」も発売されています(限定モデルはこの「スリム AURA mini」のカラー違い)

TAOネックレス スリム AURAとAURAminiの大きさ比較

画像:コラントッテ公式サイト

「AURA」の素材は、ループ部分に樹脂コーティング磁石、トップ部分にはステンレス(SUS316L)が使われており、プレミアムゴールドは24金仕上げ、「スリム AURA mini」は18金仕上げが施されています。

「SUS316L」は俗に”サージカルステンレス”とも呼ばれており、ステンレスの中でも特に耐食性に優れているので、チタン等と同じく金属アレルギーの心配が少ないといわれています。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

ループに採用されている樹脂コーティング素材は水や汗に弱くはありませんが、ウォータープルーフマークがついたシリコンループの商品に比べると耐水性に劣るので、お風呂等では外しておいた方が懸命ですね。

コラントッテネックレスの手入れ方法や注意点
磁気ネックレスやスポーツネックレスの手入れはしっかりできていますか? 毎日体の一部のように着用しているネックレスですが、定期的にお手入れをしてあげないと汚れや臭いが付着し、素材の変色や劣化の原因につながってせっかく…

「AURA」が一般的なスポーツネックレスと違う点は、医療機器の認証を受けている管理医療機器の磁気ネックレスである事、そしてメーカー独自技術の”N極S極交互配列”を採用しネックループ全体に磁石を10ミリ間隔に配置して広範囲に働きかける”という特許取得技術を採用している事です。

【コラントッテ】人気商品クレストとTAOシリーズの効果の違い
一般的によく使われている「同方向同極配列」ではなく、独自技術「N極S極交互配列」を採用する事で、従来の商品よりも広範囲に高い効果が期待できると言われている、医療機器製造・販売会社「コラントッテ社」の磁気ネックレス。 …

管理医療機器の磁気ネックレスなので「装着部位のこりや血行の改善」の効果・効能を謳う事が厚生労働省より許されています。

医療機器認証を受けた磁気ネックレス

厚労省所轄の管理医療機器として認証を受ける事で”装着部位のこりおよび血行改善の効果効能”を謳う事ができる。
分類は「家庭用永久磁石磁気治療器」。
認証を受けなくても磁気ネックレスとして販売は可能だが、「家庭用永久磁石磁気治療器基準」に沿ってつくられているので安心感は高い。
ただし、「認証を受けている=こりを改善する効果が高い」というわけではない。

家庭用永久磁石磁気治療器基準

フィギュアスケートは非常に過酷な競技なので、宇野選手はこのネックレスの特長であるリカバリーやケアといった回復面を特に気に入っているようです。

宇野選手のコメント

AURAのデザインがすごく気に入って愛用しています。スポーツを続けていくうえで、自覚できない身体の負担もあるので、医療機器であるコラントッテが安心感をもたらしてくれます。

 

「AURA」を含めコラントッテのフラグシップモデルTAOネックレスシリーズは、他の磁気ネックレスに比べると比較的高価な商品が多いですが、日本の職人が手作業でひとつひとつ製造している事を考えれば理解できます。

《動画:コラントッテ公式-クラフトマンシップ》


TAOネックレスは「AURA」の他にもトップ部分の形状が違うものが数種類あります。僕がおすすめするTAOネックレスは「AURA」や「RAFFI」。TAOネックレスについては下の記事でもう少し詳しく説明しています。

コラントッテTAOネックレスのおすすめモデルはAURAとRAFFI
医療機器認証を受けた磁気ネックレスやスポーツネックレス等を販売し、"健康ネックレス"の分野で日本でも有数の知名度を誇るコラントッテ(Colantotte)。 そのコラントッテのフラグシップモデル(企業の商…

コラントッテやファイテンといった人気メーカーのスポーツネックレスは中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が”氷上の貴公子”宇野昌磨選手が愛用しているスポーツネックレスです。

2018-2019シーズンのオフにグランプリ東海を卒業し、15年以上指導を受けた山田満知子コーチと樋口美穂子コーチから離れ”新たなスケートを手に入れる”決断をしました。

しばらくの間メインコーチを置かないという事に関しては少し心配な部分もありますが、変化を求めることは決して間違いではないと思うので、自分の信じた道を突き進んでもらいたいものです。

今後宇野選手の演技がどのように変化していくのかを楽しみにしたいと思います。