【広島東洋カープ】大瀬良大地愛用のスポーツネックレス

広島東洋カープの背番号14『大瀬良大地(おおせら だいち)』投手は2013年に広島東洋カープからドラフト1位指名され、2014年には10勝を挙げ新人王を獲得。

そのまま一気に球界のエースに登り詰めるかに見えましたが、そこからなかなか思うような投球ができず足踏みしてしまいます。

しかし、2018シーズンにカープOBの黒田さんのアドバイスもあって、フォームを2段モーションに変え、テイクバックの左手の位置を以前よりやや高めに変える事で投球が劇的によくなりました。

結果、2018シーズンは最多勝利、最高勝率の2冠と最高優秀バッテリー賞(捕手は曾澤選手)、報知プロスポーツ大賞を獲得するなど、まさに全カープファンが待ち望んだであろうセ・リーグを代表するエースへと成長。

150キロを優に超えるストレートだけでも十分威力がありますが、コーナーぎりぎりにスライダーとカットボールを投げ込んで相手を幻惑する高い投球技術も持ち合わせ、空振り率20%を超えるフォークという決め球も持っている難攻不落のエースです。

さらに人間性の素晴らしさは球界随一。

カープファン以外でも大瀬良投手の事を悪く言う人はほとんどいないのではと思うくらい、まさにプロ野球選手のお手本のような存在ですね。

その他、カピバラ系男子として同じカープの今村猛(いまむら たける)投手、一岡竜司(いちおか りゅうじ)投手と共に「カピバラ三兄弟」を結成させられ(笑)CM出演等でも活躍中です。

それでは、大瀬良投手愛用のスポーツネックレスを紹介したいと思います。

2019シーズン大瀬良大地着用ネックレス

広島カープ 大瀬良大地 ファイテン プチカレント EXTREME クリスタルタッチ ブラック

大瀬良投手はスポーツネックレスのパイオニア的存在であるファイテン(phiten)と用具契約を結んでいます。

以前からファイテンのネックレスやブレスレット類を愛用していたのですが、2019年度より正式に契約を結ぶ事になったようです。

ファイテンのスポーツネックレスを愛用している選手は多いですが、その中でも用具契約を結べる選手は山田哲人選手や丸佳浩選手、糸井嘉男選手など一握り。

大瀬良投手は成績、人気ともに球界トップクラスの選手なので契約するに至ったのでしょうね。

RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ

大瀬良投手は単独で着けたり重ね着けしたり、その時の気分によってネックレスを変えているようです。

ツイッター画像でも着用しているのが『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』のブラック。

2018年12月に発売された、メタックス採用の「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)シリーズ」の高級モデルです。

メタックスは”神経調節を介した緊張緩和効果や筋・腱機能の回復効果”が期待できるアクアチタンの他に数種のアクアメタルを素材に含浸したファイテン最高技術と言われています。

フィジカル面ももちろんですが、ピンチで動じない強靭な精神力が必要な投手というポジションでは、リラックス効果を与えてくれるメタックスは多少なりとも支えになっているのかもしれませんね。

この『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』は大瀬良投手以外にも多数のプロ野球選手が愛用する人気の商品です。

EXTREMEシリーズにはこの『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』以外にも多くのモデルが発売されています。

【プロ野球選手に大人気】ファイテン最高の技術メタックスのおすすめモデル
ファイテンのネックレスの最大の特徴といえば、金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術"水溶化メタル技術"によって生成したアクアチタンを素材に含浸している事。 アクアチタンを含浸しているネックレスは「ア…

RAKUWAネック プチカレント

重ね着けには『RAKUWAネック プチカレント』が気に入っているようです。

このネックレスはファイテンの中でも少し特殊な部類に入るマニアックなモデルで、大瀬良投手の他には読売ジャイアンツの丸佳浩選手も愛用しています。

基盤回路とLEDが見えるメカニカルなトップ部分から、ワイヤーを通してネックレス全体に微弱な電流が流れる(肌への刺激はなし)仕組みになっており、身体の周りに存在する準静電界を整える作用があるとファイテンHPには記載されていました。

体の中では、常に微弱な電気が生じている。筋肉を動かす、脳が体に指令を出す、心臓などの臓器が働く、さらには細胞と細胞が情報伝達するといった場面でも、電気的な信号が生まれる。例えば、脳波や心電図、筋電図などは、脳や心臓、筋肉に流れる電気信号を“見える化”したもの。体内で発生する電気信号は、生命活動そのものでもある。このような体内にある微弱な電気が重なり合い、体の外側ににじみ出て、見えない電気のベールで全身を包み込んでいる。これが準静電界だ。

日経電子版

日々の様々な負荷によって乱れがちな準静電界を整える事によって疲労が抜けやすくなったり身体がスムーズに動くようになるとの事。

これはファイテン独自の考え方ではなく、”東洋医学”的な考え方のようで、漢方科の医師が耳鳴りの治療に鍼灸やマッサージで準静電界のセンサーを正常に機能させようと書いている記事もありました。ちなみに耳鳴りに効果的な漢方は「釣藤散(ちょうとうさん)」との事です。

定価で30,000円近い高級モデルなので、簡単に購入できるものではありませんが、商品レビューを見ると高評価がほとんど。

定期的な電池交換が必要だったりと、メンテナンスフリーの商品ではありませんが、非常に評価の高い商品です。

交換用電池はファイテンで買うと通常2個入り756円と高めですが、電池品番は「SR421SW」なので、近くのお店などでもっと安く買えます。


ファイテンの商品は中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が広島東洋カープの絶対的エース、大瀬良大地投手の愛用スポーツネックレスです。

球界でも五指に入る大エースへと成長した大瀬良投手。

投球だけでなく人間性も素晴らしいので、プロ野球選手を目指す子供たちにお手本にしてほしい選手No.1と個人的に思っています。

黒田⇒前田⇒大瀬良という広島カープのエースの系譜を継ぐ投手なので、数年後にはMLB移籍の可能性も十分にありますが、それまではNPBで素晴らしいプレーを見せてもらいたいですね。

ファイテンは今大瀬良投手が着けているもの以外にもたくさんのモデルがありますし、今後新発売の商品も出てくると思いますので、試合を見ている時に気づいたらまた紹介したいと思います。