【ボッチャ】廣瀬隆喜愛用のスポーツネックレス

廣瀬隆喜(ひろせ たかゆき)』選手は1984年生まれのボッチャ選手(BC2クラス)。2021年現在の所属は総合レンタル業の西尾レントオールです。

先天性の脳性麻痺による四肢体幹機能障害を抱えており現在は車いすで生活されています。

 

廣瀬選手がプレーしている「ボッチャ(boccia)」はイタリア語で“ボール”を意味し、比較的重い障害のある人のために考案されたヨーロッパ発祥のスポーツです(原型はフランス発祥の「ペタンク」と言われている)。パラリンピックの公式種目。

ボッチャ ボール

赤と青のボールを投げて白いボールに近づけたほうが勝ちという至ってシンプルなスポーツですが、相手のボールに当てて動かしたり自分のボールで邪魔をする戦術もあり、テクニックと共に頭脳戦も楽しめる奥深さが魅力。廣瀬選手曰く、性格が悪いほうが勝つゲームとの事(笑

僕も何度かプレーした事があるのですが、強い選手は基本のアプローチ、ヒット、プッシュが上手なのは当然として先を読む力が本当に凄いです。「そういう手があったか」と何度つぶやいたことか。

僕が思うボッチャの一番の魅力は障害のあるなしにかかわらず老若男女誰でもが楽しめるスポーツだという事。手だけではなく足で転がしてもいいし、自力で投げられなければ介助者のサポートやランプと呼ばれる勾配具を使ってもプレーできます。

 

パラリンピックにおいては1984年のニューヨーク・エイルズベリーパラリンピックで公開競技として採り上げられ、1988年のソウルパラリンピックから正式競技に採用されました。

日本でも1997年に日本ボッチャ協会が設立されましたが、当時は知名度が高いとは言えず競技人口もそれほど多くはありませんでした。

日本ボッチャ協会公式サイト

しかし、2016年のリオパラリンピックで日本代表(火ノ玉JAPAN)混合団体が銀メダルを獲得し多くのマスコミが報道した事で一気にブレイク。現在はたくさんの人がプレーする人気競技になりました。

 

廣瀬選手はボッチャ日本代表の中でもトップクラスの実力を誇り、NHKと漫画家・ひうらさとるさんのコラボアニメ(アニ×パラ)でも登場人物として出てくるほどの有力選手です。

[アニ×パラ] ボッチャ×ひうらさとる 廣瀬選手と杉村選手

廣瀬選手(左)と杉村選手(右)

廣瀬選手は子供の頃から体を動かすスポーツが好きだったようですが、小学生の時は普通学校に通っていたため、なかなかスポーツを楽しめなかったと語っていました。

しかし、特別支援学校に移った中学時代にパラスポーツに出会いビームライフルをプレーするようになります。

ボッチャを始めたきっかけは、高校で主にプレーしていた車椅子陸上のタイムが伸び悩んでいた時に学校の先生方に相談したところボッチャを紹介された事。

ボッチャの奥深さに魅了された廣瀬選手は練習に打ち込み、競技を始めて4年で日本ボッチャ選手権で初優勝。

その後はパラリンピックに3度出場し、北京では個人・団体ともに予選敗退、ロンドンでは個人は2回戦敗退だったものの団体では7位に入り、リオパラリンピックでは団体戦銀メダルを獲得、個人でも7位に入賞しました。

 

それでは、廣瀬隆喜選手愛用のスポーツネックレスを紹介します。

廣瀬隆喜着用ネックレス

【ボッチャ】廣瀬隆喜愛用のスポーツネックレス

コラントッテ TAOネックレス AURA(アウラ)

上画像の廣瀬選手が着用している金色のひし形ネックレスは、有名磁気健康ギアメーカー「コラントッテ社」の最高級モデル『TAOネックレス  AURA(アウラ)』です。カラーはプレミアムカラーの【プレミアムゴールド】ですね。

このネックレスの効果・効能は「着用部位のコリや血行の改善」。管理医療機器の認証を受けているので人体に対する効果・効能を謳う事を厚生労働省によって許されています。

同じ磁石を使ったネックレスでも医療機器の認証を受けていない製品は人体に対する効果効能を謳ってはいけないと法律(薬機法)で定められている。中国などで作られた海外製磁気ネックレスの中には法律を無視して効果効能を謳う製品が多数存在しているので注意が必要。

コラントッテはデザインや磁力の強さ・配置が異なる数多くの磁気ネックレスをリリースしており、大手ネットモールのランキングでも上位を独占していますが、その中でもトップクラスの人気を誇っているのがこの「AURA」です。

「AURA」はコラントッテネックレスに共通の「メーカー独自のN極S極交互配列」プラス主に高級モデルに採用されているネックループ全体に磁石を10ミリ間隔に配置して広範囲に働きかける特許技術」によって、磁気の力を広範囲かつ強力に働かせて着用部位のコリや血行不良に対してより強く効果的にアプローチします。

【コラントッテ】人気商品クレストとTAOシリーズの効果の違い
一般的によく使われている「同方向同極配列」ではなく、独自技術「N極S極交互配列」を採用する事で、従来の商品よりも広範囲に高い効果が期待できると言われている、医療機器製造・販売会社「コラントッテ社」の磁気ネックレス。 …

価格的には一般的な磁気ネックレスよりも高価ではありますが、デザイン性の高さに加え、ひとつひとつ職人の手によって丁寧につくられている点や金属部分に「SUS316L」を使用し金属アレルギーに配慮している点などはさすがと言えるものです。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

「AURA」シリーズには「AURA プレミアムゴールド」以外にもカラーや形状(紐の細さやトップの大きさ等)が異なるモデルが数点あります。

コラントッテの人気高級磁気ネックレス【AURA(アウラ)】の種類やカラー
フェライト磁石やサマコバ磁石、ネオジム磁石などの永久磁石をネックレスに内包したり別パーツとして取り付けたネックレスを「磁気ネックレス」と言います。 その中でも厚生労働省指定の管理医療機器として認証を受けたものは“装…

人気メーカーであるコラントッテの磁気ネックレスは中国などの海外でつくられた偽物(コピー品)が出回っている可能性があるので、購入時には注意してください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

erg シナプスネックレス WAVE

間近で見ていないので確定ではありませんが、廣瀬選手がコラントッテネックレスと重ね付けしているトップ部分のスリーオーバルアタッチメントが印象的な赤×白のネックレスは「erg(エルグ)」『シナプスネックレス WAVE』ではないかと思われます。

ergネックレスの効果についてですが、公式サイトにはトップ部分のアタッチメントにミネラル鉱石などを封入する事でパフォーマンスアップに加え精神的安心感を追求したモデルと記載されています。

「周波数」「振動」「体幹」「バランス」などのキーワードを見るとマルタカ・パルスのVx4技術によく似た技術を採用していると思われます。

【身体安定力向上】Vx4マルタカ・パルスネックレスの概要や特徴
『株式会社マルタカ・パルス』は東京都中央区に本社を置く健康関連機器の製造・販売メーカー「株式会社マルタカ」の営業部門として1996年に設立され、「いつまでも健康と笑顔で美しく」という基本理念のもと、磁気治療器や交流磁気治…

トップ部分にアルミ合金を採用し全体的に軽量の素材を使うことで8グラムという軽量仕様になっている点は軽いネックレスを好む人にはプラスポイント。

ループ部分にシリコンコーティングを施し水洗いにも対応しタフに使えるようにした点も高評価ですね。

まとめ

以上がボッチャ日本代表・廣瀬隆喜(ひろせ たかゆき)選手愛用スポーツネックレスです。

技術や筋力、そして障害の度合いも違う選手たちがいろいろな技を駆使して戦う「ボッチャ」というスポーツ。

「選手と呼ばれる立場になれることに自信も持てて胸も張れる」「ボッチャをプレーすることで諦めていたことを諦めなくていんだという気持ちにさせてもらえた」

これはあるボッチャ選手の言葉ですが胸にくるものがありました。「ボッチャ」は障碍者の方のひとつの生きがいになっているんですね。

 

たくさんのボッチャプレイヤーの代表としてパラリンピックでプレーする廣瀬選手。

廣瀬選手の代名詞といえばやっぱり「雄叫び」。リオ大会の団体準々決勝でのガッツポーズ&雄叫びはインパクトがありましたね。

当時に比べるとルールも多少厳しくなったので今は控えめにしているようですが、会心のプレーが出た時はルールの範囲内で魅せてもらいたいものです。

パラリンピックでは、得意のパワーを活かし苦しい局面からでも味方の勝利を引き寄せる廣瀬選手のプレーに期待したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました