コラントッテ新作磁気ネックレス『ALT(オルト)』の特長はシンプルデザイン&可変式

永久磁石を使用した『磁気ネックレス』の分野で一二を争う知名度を誇る人気メーカー【コラントッテ社】

コラントッテの磁気ネックレスでは10000円程度で購入できる中級グレード「クレストシリーズ」や20000円程度の最高級モデルである「TAOネックレスシリーズ」が有名ですが、2020年10月1日から新しいモデルが加わりました。

 

新作磁気ネックレスは2点。

1点目は80mTの希土類永久磁石を内蔵したバー型カプセルとボールパーツを組み合わせたループ、「Co」のブランドマークをモチーフにしたスクエアデザインのトップが印象的な高級モデル『コラントッテ COA ネックレス LECT(レクト)』

コラントッテ COA ネックレス LECT 公式サイト画像画像:コラントッテ公式サイト

「LECT」は磁石14個を25mm間隔に配置した全周タイプのネックレスなので効果にも期待できデザインも非常にきれいですが、トップ部分のスクエアデザインが自分に似合わないと思ったので今回はパスしました。

 

食指が動いたのはもう1点の方。

水に強いシリコンループと、気分によってV型もしくは直線型に形を変えられるトップジョイントを採用した中級モデルコラントッテ ネックレス ALT(オルト)です。

コラントッテ ネックレス ALT(オルト) 公式サイト画像画像:コラントッテ公式サイト

「ALT」は、シンプルなデザイン、150mTの希土類永久磁石を10個配置した強力仕様、そして価格も10000円程度と人気磁気ネックレスの条件をしっかり満たしています。

今回はこの「コラントッテ ネックレス ALT(オルト)」の概要や特長、実際に手に取ってみた感想などを書いていきたいと思います。

コラントッテ ネックレス ALTの概要と特長

磁気ネックレス コラントッテ ネックレス ALT(オルト)

ALTの概要

ALTの基本スペック
  • 医療機器認証番号:301AGBZX00080000
  • 適応サイズ:M(47cm)、L(51cm)
  • カラー:ブラック×ゴールド、ブラック×シルバー、ブラック×ブラック
  • 材質:【本体】シリコン【トップジョイント】ステンレス(SUS316L)
  • 磁石:希土類永久磁石150mT(1500G)10個をN極S極交互配列

ALTという言葉の意味

商品名「ALT(オルト)」の意味については公式サイトでも特に触れられていませんが、英語で【交互に、代わる代わる】という意味である「Alternate(オルタネート)」の略なのかなと勝手に予想しています。

このネックレスのウリのひとつはトップの形状を変えられる事(直線型orV型)。

その時の気分によって【交互に】トップの形状を変え楽しんでください、という意味が込められているのかもしれませんね。

3カラー、2サイズ

現時点で販売されているカラーは「ブラック×ゴールド」「ブラック×シルバー」「ブラック×ブラック」の3カラー。

今回は一番無難な「ブラック×シルバー」にしましたが、「ブラック×ブラック」は硬派で男性に人気が出そうだし、「ブラック×ゴールド」も歴代のコラントッテネックレスではプレミアムカラーとして後で追加される人気カラーなのでどれにしようか小一時間悩みました。

サイズはM(47cm)とL(51cm)の2サイズ。

男性でも普通の首の太さならMでも問題なく着けられると思います。ただ、男性がMサイズを着けると、チョーカーくらいにとまではいかないまでも鎖骨の上くらいにネックレスが収まると思うので、ゆったり着けたい人はLサイズを選ぶのが無難かと。

水に強く金属アレルギーを起こしにくい素材

ネックレスの素材にはループ部分に「シリコン」、トップ部分には「SUS316L」というステンレスが採用されています。

「シリコン」は長時間水に浸けても吸水量が1%ほどと極めて優れた耐水性を持つ素材。

「SUS316L」はサージカルステンレスとも呼ばれる耐食性の高い金属で、チタンなどと同様に金属アレルギーを起こしにくい素材です。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

素材に「シリコン」と「SUS316L」を採用することで、汗をたくさん掻いたり水に浸かるスポーツ時や入浴時でも着けたままで大丈夫な「ウォータープルーフ(防水)仕様」となっています。

コラントッテネックレスのお風呂での取り扱いについて
磁気ネックレスやチタンネックレス等の健康ネックレスはファッションネックレスと違って24時間着用している人も多いと思います。僕もその口で、もう身体の一部みたいになっちゃってます。 僕がネックレスを販売している時によく…

150mTの強力希土類磁石を10個配置

磁石は150mTの希土類永久磁石を10個配置。

希土類永久磁石というのは一般的な磁気ネックレスによく使われるフェライト磁石より磁力が強いサマリウムコバルト磁石やネオジム磁石の事です。

コラントッテALT 磁石の配置

人気モデルである「クレスト」などと同じようにループの後部に磁石を配置。

もちろん配列はメーカー独自の「N極S極交互配列」です。

【N極S極交互配列】コラントッテネックレスの概要や特徴
コラントッテ(Colan Totte)は大阪に本社を置く医療機器製造・販売会社です。 「健康を主体に、皆様の心からの笑顔が得られる製品を提供する」を基本テーマに掲げ、永久磁石を用いた医療機器の磁気ネックレスは健康ネ…

「クレスト」は160mT×8個なので、一つあたりの磁力はやや弱くなりましたが、磁石の数を増やすことによってしっかりコリにアプローチできる仕様になっています。

【~10,000円】コラントッテの中級グレード、クレストとクレストR
コラントッテのネックレスは概ね「5,000円程度までのエントリーモデル」「10,000円程度の中級グレードモデル」「15,000円以上の最上級モデル」の3つのグレードに分かれます。 この記事では「10,000円程度…

ALTの特長

シンプルなデザイン

磁気ネックレスはスポーツ時に映える派手なデザインのものが多いですが、コラントッテのネックレスには人気モデルである「クレスト」や「RAFFI」など、日常使いを想定したシンプルなデザインのものも存在します。

コラントッテTAOネックレスのおすすめモデルはAURAとRAFFI
医療機器認証を受けた磁気ネックレスやスポーツネックレス等を販売し、"健康ネックレス"の分野で日本でも有数の知名度を誇るコラントッテ(Colantotte)。 そのコラントッテのフラグシップモデル(企業の商…

シンプル系健康ネックレス コラントッテALTとファイテンチョーカースクエア 少し似ている

ファイテンのネックレスでも「チョッパーモデル」や「ミラーボール」「チョーカースクエア」など、シンプルなデザインのものが人気ですが、やっぱり多くの人が“健康ネックレスっぽくないデザイン”のものを求めているんだと思います。

【業界のパイオニア】ファイテンネックレスの概要や特徴
ファイテン(phiten)は、京都府京都市に本社を置く健康グッズ製造・販売会社です。 「すべては健康を支えるために」をスローガンにして、健康グッズや医薬部外品、化粧品などから不動産事業まで、衣食住に関わるたくさんの…

可変式ネックレス(直線型とV型)

「ALT」の一番の特長といってもよいのが【可変式】である事。

コラントッテ ネックレス ALT トップジョイントは可変式

トップジョイントはマグネットになっていて、カチッとはめこむ事で、「直線型」と「V型」の2パターンに可変できます。

コラントッテ ネックレス ALT 可変 直線型

ALT 直線型

コラントッテ ネックレス ALT 可変 V型

ALT V型

僕は「直線型」が気に入っていますが「V型」もスッキリしていていいですね。

あと、コラントッテに限らずジョイントにマグネットを採用しているネックレスはくっつきが甘く外れやすいのがマイナス点ですが、この「ALT」については「マグネット+はめこみ」だからか今のところ簡単に外れる感じはありません。

1点不満を挙げるなら、鏡を見ないと上手に着け外ししたり形を変えたりできない事でしょうか。試しに他の人にチャレンジさせたところ全く問題なく着け外しできていたので、僕のような不器用な人限定だと思いますが 笑

ALTの感想

最後に「コラントッテ ネックレス ALT」をしばらく着けてみた感想を。

今回購入を決めた理由は、シンプルなデザイン、ウォータープルーフ仕様で一日中外さないでOKな事、最低「クレスト」と同じくらいの磁力がある事、そして今まで見たことがない「可変式」の磁気ネックレスである事です。

コラントッテのネックレスは「ALT」が初めてではなく、「クレスト」「RAFFI」「CREO」「ARAN」などを愛用しているので、各々の磁力が及ぼす効果の違いについては体感ではよく分かりませんが、デザイン(可変も含めて)や使い勝手については気に入っています。

コラントッテ ALTとクレスト ループの太さ 比較

「ALT」と「クレスト」のループの太さ比較

「ALT」は「クレスト」に比べてループの太さが1mmほど細くなり、よりスッキリとした感じになっています。ごつさが軽減されているので女性にも合うかと。

コラントッテ ネックレス ALTとCREO ループ比較

「ALT」と「CREO」のネックループ比較

TAOネックレスシリーズの「CREO」と比較すると大体同じくらいの太さ。

ただ、シリコン素材はやっぱり埃やゴミがくっつきやすいです・・・。

「CREO」などTAOネックレスシリーズのループ素材には磁石をウレタン樹脂コーティングしたものが採用されているので、埃やゴミ、動物の毛などがくっつきにくく、肌触りもサラッとしていて非常に快適。

TAOネックレスシリーズはウォータープルーフ仕様ではないので使い勝手の面では「ALT」に軍配が上がりますが、着け心地の面ではやっぱり高いだけのことはあってTAOネックレスシリーズの方が上ですね。

とはいえ、「ALT」もデザインはきれいだし、スペック面も値段を考慮すればバランスはかなり良いと思います。

それから、10000円くらいの中級グレード磁気ネックレスはコラントッテ以外のメーカーも含めてそれほど多く販売されていないので需要は十分。

あくまで個人的な予想ではありますが、この「ALT」は人気モデルになるのではないかと思っています。

10000円くらいのシンプルな磁気ネックレスで、強力磁石を採用していて、使い勝手が良く、ついでに可変式のものを探している人にはおすすめの商品です。


コラントッテの商品は偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…
タイトルとURLをコピーしました