【~10,000円】コラントッテの中級グレード、クレストとクレストR

コラントッテのネックレスは概ね「5,000円程度までのエントリーモデル」「10,000円程度の中級グレードモデル」「15,000円以上の最上級モデル」の3つのグレードに分かれます。

この記事では「10,000円程度の中級グレードモデル」を紹介しようと思いますが、実はコラントッテが販売しているネックレスの中でこの価格帯の商品はあまり多くありません。

具体的な商品名を挙げると、「クレスト」や「クレストR」、女性向けの「PETIT(プティ)」あたりでしょうか。

PETITに関しては人気がないとは言いませんが、ハートや馬蹄のヘッドがいまいちだったのかあまり売れた記憶がありません。

一方、クレストやクレストRはスペックも高く、デザインも落ち着いているのでコラントッテ全体でも上位に入るくらいよく売れました。

この記事ではコラントッテの人気商品クレストとクレストRについて簡単に書いてみたいと思います。

コラントッテ ネックレス クレスト

コラントッテネックレス クレスト【プレミアムカラー】

画像:コラントッテ公式サイト

コラントッテ クレスト」は2014年の発売以来、常に上位の販売数を誇っている人気定番モデル。

人気の理由は様々あると思いますが、「値段はそこそこだけど磁力が強力」「普段使いでも目立たないシンプルで落ち着いたデザイン」というのが購入の理由として多かった気がします。

発売当初のカラーはブラック、オフホワイト、ネイビー、プラムの4種類でしたが、現在は一部カラーの販売が終了し、新カラー(クレスト プレミアム)プレミアムゴールドとプレミアムブラックが追加されました。

僕が販売していた時は断トツでプレミアムゴールドがよく売れていましたね。全体の7割くらいがプレミアムゴールド、2割くらいがブラック、残り1割がその他のカラーだった記憶があります。

同じくプレミアムカラーが販売されている、最上級モデル”TAOネックレス”のAURA(アウラ)やRAFFI(ラフィ)もやっぱりプレミアムゴールドが一番人気でした。

クレストとクレストプレミアムの違い

クレストとクレストプレミアムでは値段が若干違うが(プレミアムの方が高い)この2つの違いは単純にカラーだけで、磁力の強さや配置等のスペックに違いはない。

クレストの特長

  • エントリーモデルより強力な160mTの磁石を8個「N極S極交互配列」で配置しているため、高い効果が期待できる。

コラントッテ ネックレス クレスト クレストR 磁石の強さと配置

画像:コラントッテ公式サイト

  • カラーバリエーションが多いので、スポーツシーンをはじめとする様々なシーンで違和感なく着用できる。
  • ヘッド部分は耐食性の高いステンレス(SUS316L)を採用し、紐部分もウォータープルーフ仕様のシリコン素材を採用しているので、水や汗に強くスポーツシーンでも安心して使用できる(水洗いももちろんOK)。
    SUS316Lは俗に”サージカルステンレス”とも呼ばれる金属アレルギーを起こしにくい金属です。
  • S(43cm)、M(47cm)、L(51cm)の3つから自分に合ったサイズを選べる。
【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

コラントッテ ネックレス クレストR

コラントッテ ネックレス クレスト R

画像:コラントッテ公式サイト

コラントッテ クレストR」は2018年に人気定番商品クレストのスペックを継承しつつ、トップ部分のデザインをよりスタイリッシュに変更したモデルです。

スマホの使い過ぎで姿勢が崩れ(スマホ首)、肩こりに悩む人が20代~30代を中心に増えてきていますが、メーカー想定ターゲットは”このトレンドに敏感な世代”。

スマホ首とは?

スマホを首が前に突き出た前かがみの姿勢で見ると、まっすぐな姿勢の時約6kgだった荷重が4倍以上の約27kgにもなると言われている。この時「胸鎖乳突筋」をはじめとする首周りの様々な筋肉が緊張し肩こりにつながる。
磁気商品で有名なピップのアンケートでは首や肩のこりに悩まされている20代の76%がこりの原因はスマホと回答している。

クレストRは、肩こりに悩んでいるけれど”いかにも磁気ネックレス”というようなデザインではなく、普通のファッションネックレスのようなデザインのものを求めている層を狙ってつくられた商品です。

クレストRの特長

磁石の強さや配置、紐やトップの素材等、スペック面はクレストとほぼ同じです。サイズもクレストと同じく、S(43cm)、M(47cm)、L(51cm)の3サイズ。

クレストとクレストRの違いはトップ部分のデザインとカラーだけです。

トップ部分はラウンドカーブデザインを採用して曲面部分を鏡面仕上げしています。

カラーはブラック、ダークネイビー、ガンメタリックの3種類。

鏡面仕上げとは?

金属や塗装面の表面加工の1種で、研磨剤を使用して表面部分を平滑に加工する事で、まるで鏡のような光沢のある表面に仕上げる技術。
鏡面加工やミラー仕上げとも。



追記

2019年10月1日より新モデルの『コラントッテ ネックレス クレスト R(アール)【ex】(イーエックス)』が発売されました。

「クレストR」よりトップ部分がコンパクトになったモデルです。

【コラントッテクレストR【ex】】人気モデルクレストシリーズの新モデル
磁気ネックレス業界で一二を争う人気を誇る「コラントッテ」。 コラントッテが製造・販売しているネックレスは数多くありますが、その中でも人気なのが「クレスト」「クレストR」のクレストシリーズです。 「クレ…

まとめ

コラントッテネックレスの中でも販売数上位に入る人気商品クレストとクレストRについて簡単に説明してみました。

スペックはもちろん優秀ですが、それよりもデザインがシンプルでどんな服装にも合わせやすいというのがクレストの強み。

予算の制限なしで磁気ネックレスを購入しにきたお客さんの中にもスペック的にはより優秀なTAOネックレスを選ばず、デザインでクレストを購入した方も多かったです。

【コラントッテ】人気商品クレストとTAOシリーズの効果の違い
一般的によく使われている「同方向同極配列」ではなく、独自技術「N極S極交互配列」を採用する事で、従来の商品よりも広範囲に高い効果が期待できると言われている、医療機器製造・販売会社「コラントッテ社」の磁気ネックレス。 …

クレストとクレストRの違いはトップのデザインだけなので、好みのカラーやトップデザインによって気に入った方を選ぶといいでしょう。

クレストとクレストRは数あるコラントッテネックレスの中でもおすすめの商品です。

タイトルとURLをコピーしました