【卓球】早田ひな愛用のスポーツネックレス

早田ひな(はやた ひな)選手は2000年生まれの卓球選手。現在の所属は日本生命です。

卓球界の名門・石田卓球クラブで4歳から卓球をはじめ、全国中学校卓球での全国初優勝を皮切りに数多くの国内タイトルを獲得し、国際大会においてもダブルスを中心に活躍中。

同年生まれの伊藤美誠選手や平野美宇選手らとともに「女子卓球黄金世代」の一人に数えられています。

【卓球】伊藤美誠愛用のスポーツネックレス
伊藤美誠(いとう みま)選手は2000年生まれの卓球選手。現在の所属はスターツSCです。 平野美宇選手や早田ひな選手らと共に「女子卓球黄金世代」の一人に数えられ、圧倒的な実力で世代を引っ張る存在です。 …

左利きである事と166cmの身長と長いリーチを活かしたダイナミックなプレーが持ち味。

大きなストロークやしなやかに体を使ったドライブは観る者を惹きつけますが、それと引き換えに故障も多く、自らの強みが身体に負担をかけてしまいなかなか満足なプレーが出来ない試合も多いようです。

これは卓球だけでなく、あらゆる競技においてフィジカルに優れたアスリートの宿命のようなもの。

技術面以上に身体と気持ちのメンテナンスが重要ですね。

それでは、早田ひな選手愛用のスポーツネックレスを紹介してみましょう。

早田ひな着用ネックレス

卓球早田ひな スポーツネックレス ファイテン

早田選手は2019年にスポーツネックレス業界大手の「ファイテン社」とサポート契約を締結しています。

競技を問わずファイテンの商品を愛用しているアスリートは非常に多いですが、サポート契約を結べるのはほんの一握りの選手だけ。さすがは卓球界期待のミレニアムトリオのひとりですね。

RAKUWAネック メタックス ラウンド

早田選手が着用しているスポーツネックレスは『RAKUWAネック メタックス ラウンド』。カラーはブラック/ゴールド。

「パフォーマンス性能と高いデザイン性を兼ね備えたハイエンド商品」を要望する多数の声に応えて生み出された最上位カテゴリー「ULTIMATE PERFORMANCE GEAR(アルティメット パフォーマンス ギア) シリーズ」の”メタックス”採用ネックレスです。

メタックスは薬液を使わずに金属のチタンを水溶化する独自技術”アクアチタン”をはじめとする数種のアクアメタルを組み合わせた上位技術で、アクアチタンよりも高い効果が期待できると言われています。

ちなみにアクアメタルには公式サイトに記載されている「リラックス効果」に加え、「神経調節を介した緊張緩和効果」や「筋・腱機能の回復効果」が期待できるとアクアメタル研究会の研究論文で発表されています。

「メタックス ラウンド」にはファイテンシリーズで最も細い紐(ナイロン、ポリエステル)が採用されており、留め具には金属アレルギーを起こしにくい純チタンが使われています。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

早田選手はフィギュアの羽生選手が愛用している事でも有名な「RAKUWAネック メタックス ミラーボール」も着用しています。

 

これらのネックレスの他にもメタックスを採用している商品は数多くあり、2018年に発表された「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)シリーズ」のスポーツネックレスもアスリートから人気があります。

【プロ野球選手に大人気】ファイテン最高の技術メタックスのおすすめモデル
ファイテンのネックレスの最大の特徴といえば、金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術"水溶化メタル技術"によって生成したアクアチタンを素材に含浸している事。 アクアチタンを含浸しているネックレスは「ア…

ファイテンの商品は中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が早田ひな選手の愛用スポーツネックレスです。

若くして度重なる怪我に泣かされてきた早田選手ですが、苦しいリハビリや満足に練習できない日々の中で「卓球が出来る事は当たり前ではない」「苦しい事を楽しみに変える」等の意識を持ち、大きな壁を懸命に乗り越えてきました。

ポジティブな姿勢や達観した考え方は年齢に似つかわしくありませんが、多くの挫折を乗り越えてきた事で卓越したセルフコントロールを身に付けたのでしょう。

卓球の本場である中国のメディアが「実力では伊藤選手から少し遅れを取っているものの人気ではリードしている」と紹介するなど、国内外で注目度が高まってきた早田選手。

今後は怪我なく順調に成長してもらって、人気と実力を兼ね備えた卓球界のスーパースターになってほしいですね。