【広島東洋カープ】栗林良吏愛用のスポーツネックレス

広島東洋カープの背番号20『栗林良吏(くりばやし りょうじ)』投手は2020年のドラフト1巡目で指名され(広島の単独指名)、数多くのプロ野球選手を輩出したアマチュア野球の最高峰・トヨタ自動車から入団しました。

小学2年で1歳年上の兄の影響で野球を始め、捕手や三塁手、遊撃手としてプレーした後、愛知黎明高校3年時に投手に転向。

当時は責任が重くミスを自分の力で取り返しにくい投手が嫌だったみたいで、大学も遊撃手を守らせてもらえるところに行きたかったようですが、最終的に就職事情を考慮して投手をやることが決まっていた名城大学を選んだとの事。

その後、大学3年時に名城大OBで元中日の山内壮馬さんがコーチに就任し指導を受けた事で急成長を遂げプロを意識。栗林投手の決め球フォークはこの時山内さんに握りや投げ方を教わった事で投げられるようになったそうです。

大学4年時にプロ志望届を提出したものの指名なしで卒業後にトヨタ自動車に入社。これについては自分の意思で2位までにドラフト指名がなければ社会人に進む事を決めていたとの事。当時は指名なしはおかしいなと思っていましたが「2位縛り」だったようです。

トヨタ自動車ではカットボールやカーブを磨き、トーナメント戦ならではの負けたら終わりという厳しいプレッシャーのかかった試合を何度も経験して投手として大きく成長。満を持してドラフト1位でプロ野球の世界に足を踏み入れました。

目標は巨人の菅野智之投手のようなエースと呼ばれるピッチャーになる事。

先発もリリーフもこなせる完成された投手なのでプロ入り後の起用に注目していたところ、佐々岡監督は栗林投手をクローザーとして起用する事を決めました。

個人的には少しもったいない気もしました。しかし、広島はリリーフ投手が量・質ともに十分ではなかったので納得できる起用ではあります。かつて大学日本代表で森下暢仁投手が主戦、栗林投手がリリーフという時がありましたが、プロ入り後同チームで再現されましたね。

それでは栗林良吏投手愛用のスポーツネックレスを紹介します。

栗林良吏着用ネックレス

広島カープ 栗林良吏 AXFネックレス

AXF Color Band(REFLECTOR)

上画像の栗林投手が着用しているネックレスは、スポーツブランド「AXF(アクセフ)」の『AXF Color Band(カラーバンド)』です。

現在AXFカラーバンドは形状の違うものが数種類販売されていますが、栗林投手が着用しているのは黒いリフレクターがついたモデル。カラーは<Red Stripe>ではないかと思われます。

AXFは2017年に設立された比較的新しいブランドで、プロ野球選手を中心に多くのアスリートに愛用されています。

メーカーの説明では「IFMC.(イフミック)」と呼ばれる特殊な溶出液を含浸したアイテムに接触することで、体幹・バランスの強化など様々な効果が期待できるとの事。

【イフミック】AXF(アクセフ)の効果の源は一酸化窒素?
株式会社テイコク製薬社とサンフォード株式会社の共同開発ブランド『AXF(アクセフ)』。 昨年に引き続き今年2019年も多くのアスリートに着用されている人気ネックレスです。今年は野球やバドミントンに続いて卓球やゴルフ…

価格的にも5000円程度と買いやすく、素材に金属を使っていないので金属アレルギーの心配もありません。さらに、フィジカルコンタクト時の危険もないので子供でも着けられる安心仕様となっています。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

コラントッテ TAOネックレスAURA(アウラ)

トヨタ自動車時代には磁気ネックレス業界大手「コラントッテ社」のフラッグシップモデル『TAOネックレス  AURA(アウラ)を着用していた事も。カラーはプレミアムカラーの【プレミアムゴールド】です。

ここ数年コラントッテの磁気ネックレスを着用するトップアスリートが増えており、2020年に株式会社日本マーケティングリサーチ機構が行った調査でも<アスリート着用率>で1位を獲得しています。

ネックレスを着用することで得られる効果・効能は「装着部位のコリや血行の改善」

コラントッテの磁気ネックレスの売りはメーカー独自の“N極S極交互配列”を採用することで広範囲に磁力が影響し、点ではなく面で作用する事。これによって大きな効果が期待できるとの事です。

「AURA」をはじめとするフラッグシップモデルの「TAOシリーズ」は上記に加えてネックループ全体に磁石を10ミリ間隔に配置して広範囲に働きかける特許技術を採用しているため、より広範囲からコリや血行不良にアプローチできます。

コラントッテTAOネックレスのおすすめモデルはAURAとRAFFI
医療機器認証を受けた磁気ネックレスやスポーツネックレス等を販売し、"健康ネックレス"の分野で日本でも有数の知名度を誇るコラントッテ(Colantotte)。 そのコラントッテのフラグシップモデル(企業の商…

素材には金属部分にアレルギーを起こしにくい「SUS316L」が使われ、ループ部分には永久磁石をウレタン樹脂でコーティングしたものが採用されています。シリコンのようにべたつかずサラッとした肌触りが特徴です。

「AURA」シリーズにはカラーや形状(紐の細さやトップの大きさ等)が異なるモデルが数点あります。

コラントッテの人気高級磁気ネックレス【AURA(アウラ)】の種類やカラー
フェライト磁石やサマコバ磁石、ネオジム磁石などの永久磁石をネックレスに内包したり別パーツとして取り付けたネックレスを「磁気ネックレス」と言います。 その中でも厚生労働省指定の管理医療機器として認証を受けたものは“装…

まとめ

以上が広島東洋カープ・栗林良吏(くりばやし りょうじ)投手愛用のスポーツネックレスです。

3連覇中の広島は守護神を担った中崎投手がランナーを出しながらもしっかり試合を締めていました。しかし、右上腕の怪我などでフランスア投手にクローザーの座を譲り、そのフランスア選手も右膝の手術で開幕絶望に。

苦しい状況の中、新人ながらクローザーに任命された栗林投手でしたが、今のところ予想以上の好投を続けています。広島ファンの友人は久しぶりに9回を安心して見られると言っていました笑

僕がすごいと思ったのは左打者を全く苦にしていないところ。体を大きく使ったきれいな縦回転の体の使い方なのでシュート回転のストレートが極端に少なく、左打者のインコースを厳しく攻められています。左右の苦手なく勝負できるところはクローザー向きですね。

2020年は救援防御率4.64で多くの勝ち試合をリリーフ投手で落としてしまった感のある広島ですが、森浦投手や大道投手、そして栗林投手らルーキーの調子が良いのでかつてのように堅固なチームが見られそうです。

【広島東洋カープ】大道温貴愛用のスポーツネックレス
広島東洋カープの背番号12『大道温貴(おおみち はるき)』投手は2020年ドラフト3位で指名され、青森県の八戸学院大学から入団しました。 巨人の高橋優貴投手をはじめ数多くのプロ野球選手を輩出した強豪・八戸学院大で1…

今後の起用も含めて栗林投手には今後も注目していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました