【日本ハムファイターズ】金子千尋(弌大)愛用のスポーツネックレス

北海道日本ハムファイターズの背番号19『金子千尋(かねこ ちひろ)』投手は、2004年に自由獲得枠でトヨタ自動車からオリックスに入団。2018年に自由契約選手として公示され、北海道日本ハムファイターズに入団しました。2019年の日本ハム移籍を機に登録名を「金子弌大(読みは同じ)」に変更。

オリックス時代には最多勝2回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回のタイトルを獲得し、沢村賞や最優秀選手、ベストナイン等、数多くの表彰も受けているNPBを代表する投手です。

全盛期の金子投手は伸びのあるストレートと数多くの変化球を同じフォームで投げていたので攻略するのは困難を極めました。現在は球速にも衰えが見られ、変化球のキレや変化量も減ってはいますが、バッターのタイミングをずらす駆け引きや多彩な球種はそのままなのでまだまだ現役で戦えるでしょう。

それでは、金子千尋投手愛用のスポーツネックレスを紹介していきます。

2019シーズン金子千尋着用ネックレス

日本ハム 金子弌大(金子千尋) ネックレス

RAKUWAネックワイヤー EXTREME

金子投手が着用しているのは、健康ネックレス業界大手「ファイテン社」が製造・販売している『RAKUWAネックワイヤー EXTREME』です。

このネックレスは2018年にファイテンが発表した新ブランド「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)」シリーズのひとつで、ファイテン最高の技術と言われる”メタックス”を採用しています。

ファイテンの根幹技術はチタンを特殊技術により水溶化した「アクアチタン技術」。

アクアチタンは、ブラウンシュバイク工科大学(ドイツ)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アメリカ)、マッセイ大学(ニュージーランド)等の研究により、「マウスやヒトにおける神経調節を介した緊張緩和効果や筋・腱機能の回復効果を示す試験成績により、アクアチタンは健康と運動能力の増進に関するさまざまな可能性を有することが裏付けられている」と結論付けられています。

メタックスに関しては具体的効果が説明されていませんが、公式サイトの文言からメタックスはアクアチタンの最高峰であるX100シリーズと同等かそれ以上の効果(メーカーはサポート力と呼ぶ)があると読み取る事ができます。

『RAKUWAネックワイヤー EXTREME』は留め具にアルミ、ワイヤーには金属アレルギーを起こしにくいサージカルステンレス(ナイロン樹脂コーティング)を採用。

奇抜なデザインが多いEXTREMEシリーズの中ではシンプルなデザインなので人気のあるモデルです。さらに非常に軽量なのでネックレスの重さで逆に肩が凝るというような人にはおすすめですね。

EXTREMEシリーズにはこの『RAKUWAネックワイヤー EXTREME』以外にも多くのモデルが発売されています。

【プロ野球選手に大人気】ファイテン最高の技術メタックスのおすすめモデル
ファイテンのネックレスの最大の特徴といえば、金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術"水溶化メタル技術"によって生成したアクアチタンを素材に含浸している事。 アクアチタンを含浸しているネックレスは「ア…

ファイテンのスポーツネックレスは中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が北海道日本ハムファイターズ”七色の変化球”金子千尋投手の愛用スポーツネックレスです。

僕は金子投手が大好きで、金子投手監修の本「金子千尋の変化球バイブル」も読みましたが、野球に対しての意識が非常に高い選手だと思います。

人に教えるのも上手なので現役を引退した後も投手コーチや解説の仕事がたくさん舞い込むでしょうね。

日本ハムでは以前のようにローテーションをしっかり守って、という感じではなく先発(ショートスターターも含む)や救援をチーム事情に応じてこなしながら現在の自分にできる精一杯のプレーを僕たちに見せてくれています。

かつてのような圧倒的な姿をもう見られないかもしれませんが、NPB屈指の変化球使いとして今後も老獪なピッチングを見せてもらいたいです。