【西武ライオンズ】高橋光成愛用のスポーツネックレス

西武ライオンズの背番号13『高橋光成(たかはし こうな)』投手は、2014年ドラフト1位で指名され、前橋育英高校から入団。※本来の表記は髙橋光成

高卒1年目から先発として登板し、8月は4勝1敗、防御率2.96という成績を残しパ・リーグ月間MVPも獲得しました。初登板から4試合目で完封勝利を記録(松坂と並ぶ最速記録)するなど順風満帆なスタートを切ります。

しかし、その後は相次ぐ故障に悩まされ、満足な投球ができないまま時間が過ぎていきます。

そして雪辱を誓った2019シーズン、開幕から先発ローテーション入りし6月半ばまでにチームトップの7勝を挙げる大活躍。将来を渇望されていた未完の大器がついに輝きを放ち始めました。

190cm100kgという恵まれた体を持ち、躍動感のあるフォームから150キロを超えるストレート、スライダー、キレのあるフォークを投げます。

ストレートやスライダーはまだまだ課題がありますが、フォークはリーグ内でも上位に入るキレを持っていると思います。

ストレートやスライダーの質を上げる事で、球界を代表する投手になる事も十分可能ではないでしょうか。

それでは高橋光成投手愛用のスポーツネックレスを紹介していきましょう。

2019シーズン高橋光成着用ネックレス

西武 高橋光成 ファイテン EXTREME クリスタルタッチ

RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ

数あるスポーツネックレスの中で、高橋投手が愛用しているのは有名メーカーファイテン社の『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』レッドカラー

【業界のパイオニア】ファイテンネックレスの概要や特徴
ファイテン(phiten)は、京都府京都市に本社を置く健康グッズ製造・販売会社です。 「すべては健康を支えるために」をスローガンにして、健康グッズや医薬部外品、化粧品などから不動産事業まで、衣食住に関わるたくさんの…

『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』は2018年12月に発売された「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)シリーズ」の高級モデルです。

このシリーズのネックレスには「メタックス」という独自技術が採用されており、”神経調節を介した緊張緩和効果や筋・腱機能の回復効果”が期待できると言われているファイテンのメイン素材「アクアチタン」よりもさらに高い効果が期待できるようです。

過酷な先発ローテーションを守る為のケアやリカバリーを考慮してこの商品を選んだのでしょうか。

『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』は高橋投手の他にも多くのプロ野球選手が愛用しており、有名な選手では阪神の糸井嘉男選手、大山悠輔選手、広島の大瀬良大地投手、オリックスの吉田正尚選手らの名前が挙げられます。

 

ファイテンの商品は中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

EXTREMEシリーズにはこの『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』以外にも多くのモデルが発売されています。

【プロ野球選手に大人気】ファイテン最高の技術メタックスのおすすめモデル
ファイテンのネックレスの最大の特徴といえば、金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術"水溶化メタル技術"によって生成したアクアチタンを素材に含浸している事。 アクアチタンを含浸しているネックレスは「ア…

まとめ

以上が西武ライオンズの”大器覚醒”高橋光成投手の愛用スポーツネックレスです。

1年目に5勝を挙げた時は、大型投手という事もあって将来はメジャーで活躍するのも夢ではないと思っていましたが、そこから完全に伸び悩みました。

低迷期には甲子園で投げていた時の方が力の抜けた良い投球をしていたと感じましたが、プロ入り後のパワフルな投げ方がようやく馴染んできたという事でしょうか。

長い雌伏の時を経て、ようやく覚醒の時を迎えた未完の大器に今後も注目していきたいと思います。