【広島東洋カープ】高橋大樹愛用のスポーツネックレス

広島東洋カープの背番号50『高橋大樹(たかはし ひろき)』選手は、2012年ドラフト1位で龍谷大学付属平安高校から入団。※本来の表記は髙橋大樹

2014年に初めて一軍昇格したものの(8番・指名打者)、その後は長らくファーム暮らしが続きます。

しかし、2017年頃から、それまで2割そこそこだった打率が急激に上がり3割近い成績を残せるようになって、2019年6月29日の横浜DeNA戦で球界を代表する左腕エースの今永投手からプロ初ホームランを記録。レフトスタンドに突き刺さるライナー性の強い打球でした。

やや遅咲きではありますが、まだ20代中盤。カープの熾烈なスタメン争いに勝ち抜き、自慢の打棒でNPBを盛り上げてもらいたいですね。

それでは、高橋大樹選手愛用のスポーツネックレスを紹介したいと思います。

2019シーズン高橋大樹着用ネックレス

広島カープ 高橋大樹 コラントッテAURA

TAOネックレスAURA(アウラ)

高橋選手が着用していたのは健康ネックレス業界で一二を争う人気メーカー「コラントッテ」の『TAOネックレスAURA』です。

【N極S極交互配列】コラントッテネックレスの概要や特徴
コラントッテ(Colan Totte)は大阪に本社を置く医療機器製造・販売会社です。 「健康を主体に、皆様の心からの笑顔が得られる製品を提供する」を基本テーマに掲げ、永久磁石を用いた医療機器の磁気ネックレスは健康ネ…

トップ部分の「Co」が印象的な「AURA」はコラントッテのフラグシップモデルである「TAOネックレス」シリーズの中でも人気のアイテム。

同じ広島カープのスター選手である菊池涼介選手やソフトバンクホークスの甲斐選手、阪神タイガースの梅野選手等も愛用している、コラントッテを代表する商品のひとつです。

このネックレスの主な特長は、医療機器の認証を受けている管理医療機器磁気ネックレスである事、そしてメーカー独自技術の”N極S極交互配列”を採用しネックループ全体に磁石を10ミリ間隔に配置して広範囲に働きかける”という特許取得技術を採用している事です。

管理医療機器の磁気ネックレスなので「装着部位のこりや血行の改善」が効果・効能となります。

医療機器認証を受けた磁気ネックレス

厚労省所轄の管理医療機器として認証を受ける事で”装着部位のこりおよび血行改善の効果効能”を謳う事ができる。
分類は「家庭用永久磁石磁気治療器」。
認証を受けなくても磁気ネックレスとして販売は可能だが、「家庭用永久磁石磁気治療器基準」に沿ってつくられているので安心感は高い。
家庭用永久磁石磁気治療器基準
ただし、「認証を受けている=こりを改善する効果が高い」というわけではない。

 

AURAを含めコラントッテのフラグシップモデル「TAOネックレス」シリーズは、他の磁気ネックレスに比べると比較的高価な商品が多いですが、日本の職人が手作業でひとつひとつ製造している事を考えれば理解できますね。

《動画:コラントッテ公式-クラフトマンシップ》

 


TAOネックレスはAURAの他にも数種類トップ部分の形状が違うものがあります。僕がおすすめするTAOネックレスはAURA、RAFFI、CREOあたりです。TAOネックレスについては下の記事でもう少し詳しく説明しています。

コラントッテTAOネックレスのおすすめモデルはAURAとRAFFI
医療機器認証を受けた磁気ネックレスやスポーツネックレス等を販売し、"健康ネックレス"の分野で日本でも有数の知名度を誇るコラントッテ(Colantotte)。 そのコラントッテのフラグシップモデル(企業の商…

コラントッテやファイテンといった人気メーカーのスポーツネックレスは中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が広島東洋カープの”遅れてきたドラ1”高橋大樹選手の愛用スポーツネックレスです。

2012年のドラフトは1位が高橋選手、そして2位が現在セ・リーグを代表する4番打者になった二松學舍大学附属高校出身の鈴木誠也選手でした。

6月23日の試合では高橋選手が5番を務め、鈴木選手とともに打撃の中核を担った事を喜ぶファンも多かったと聞きます。

現時点では打率も出塁率も非常に良好なので、この調子で結果を出し続けてスタメンの座を不動のものにできるように頑張ってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました