【首や肩のこり対策に】ファイテンのおすすめ磁気ネックレス

健康ネックレスのパイオニアとしてたくさんの人に愛用されているファイテンネックレス

ファイテンといえば、X50・X100といった「アクアチタンXシリーズ」やメーカー公式ページでファイテン最高レベルの技術と説明されている「メタックスシリーズ」が有名ですが、実は医療機器認証を受けた「磁気ネックレス」も販売しています。

医療機器認証を受けた磁気ネックレス

厚労省所轄の管理医療機器として認証を受ける事で”装着部位のこりおよび血行改善の効果効能”を謳う事ができる。
分類は「家庭用永久磁石磁気治療器」。
認証を受けなくても磁気ネックレスとして販売は可能だが、「家庭用永久磁石磁気治療器基準」に沿ってつくられているので安心感は高い。
家庭用永久磁石磁気治療器基準

ただし、「認証を受けている=こりを改善する効果が高い」というわけではない。

ファイテンが販売している磁気ネックレスには「磁気+アクアチタンシリカ」と「磁気+アクアチタンX」の2種類があります。

複合的な効果はファイテン主力商品にも採用されているアクアチタンXを組み合わせた商品の方が高いと思われますが、値段やデザインが違うのでそのあたりも考慮して選ぶといいでしょう。

それぞれのおすすめ商品を紹介しますので参考にしてください。

磁気+アクアチタンシリカ

RAKUWA磁気チタンネックレスS

ファイテンRAKUWA磁気チタンネックレスS

画像:ファイテン公式サイト

ファイテン磁気ネックレスの定番商品といえばこの「RAKUWA磁気チタンネックレスS」です。

130mTの永久磁石を首周りに沿って4つ配置し、装着部位のこりや血行を改善するという商品。

紐部分のシリコーン素材に、ファイテン独自の水溶化メタル技術で生成したアクアチタンを担持(素材に金属などの物質を付着させる事)させた”アクアチタンシリカ”を採用しており、磁気に加えてアクアチタンの効果も期待できるつくりになっています。

ただし、アクアチタンシリカは主力のアクアチタンX50やX100に比べると効果は高くないと思われます。

RAKUWA磁気チタンネックレスS3つの嬉しいポイント

画像:ファイテン公式サイト

公式が挙げている商品特長は以上となっています。

カラーバリエーションが豊富な点と水ぬれや汗に強いシリコーン素材をループ部分に採用している点はポイントが高いですね。スポーツ時にも安心して使えますので。

その他、魅力的なのはやっぱり値段。

2,000円弱で購入できるので、磁気ネックレスがどういうものなのかを試してみるにはうってつけの商品だと思います。

RAKUWA磁気チタンネックレスS-Ⅱ

ファイテンRAKUWA磁気チタンネックレスS-2

画像:ファイテン公式サイト

お次は「RAKUWA磁気チタンネックレスS-Ⅱ」です。

この商品は、磁力の強さや配置、アクアチタンシリカを採用等、スペック面は上で紹介した「RAKUWA磁気チタンネックレスS」と同じですが、デザイン面が変更されています。

RAKUWA磁気チタンネックレスS-2変更部分

画像:ファイテン公式サイト

まず、4か所ある磁石配置部分にラメを装飾したところが変更点となっています。

それから、トップ部分にクリスタルが1石あしらわれたポリカーボネート製V型トップを採用し、シリコーン本体と留め具部分が着脱可能になりました。

このデザイン変更によってよりスポーティーな印象になったと思います。ランニング時、パステルカラーのウェアに合わせて着けたい感じですね。

これらの変更により値段もアップしているので、単純に磁気ネックレスの効果だけを期待するのなら「RAKUWA磁気チタンネックレスS」でいいと思いますが、デザイン面や着脱可能になった点を評価するならこちらを選ぶといいでしょう。

磁気+アクアチタンX

RAKUWA磁気チタンネックレス

RAKUWA磁気チタンネックレス

画像:ファイテン公式サイト

上の2つは”磁気”とシリカにアクアチタンを担持させた”アクアチタンシリカ”の組み合わせでしたが、ここからは「磁気+アクアチタンX」の組み合わせ商品を紹介します。

この「RAKUWA磁気チタンネックレス」は50mTの磁石を紐の中心に配置してネックレス全体からの磁気で首や肩のこりを改善し、紐部分に含浸したアクアチタンX10の効果も期待できる商品です。その他「ミクロチタンボール」も配合。

ミクロチタンボールとは?

ファイテンの独自技術である水溶化メタル技術によってアクアチタンを生成する過程で出来た独自のチタンパウダー。
メーカー説明ではリラックス状態をサポートする等の効果が期待できるとの事。
ただし、あくまでも補助的効果であって主力商品に採用されているアクアチタンX50やX100と比べられるような効果はない。

「磁気+アクアチタンX」の商品は磁石の配置にもこだわっており、磁気ネックレスの中芯全体が磁石になって、点ではなく面でこりに作用し働きかける「SN直列配列」を採用。

ファイテン磁気ネックレス中芯全体が磁石になるSN直列配列

画像:ファイテン公式サイト

点ではなく面で作用という文言はコラントッテの独自技術「N極S極交互配列」を連想しますね。各メーカー毎にいろいろ考えてより良い商品をつくろうと努力しているんでしょう。

【N極S極交互配列】コラントッテネックレスの概要や特徴
コラントッテ(Colan Totte)は大阪に本社を置く医療機器製造・販売会社です。 「健康を主体に、皆様の心からの笑顔が得られる製品を提供する」を基本テーマに掲げ、永久磁石を用いた医療機器の磁気ネックレスは健康ネ…

さて、アクアチタンXの後の10や50、100といった数字は、通常の約10倍、50倍、100倍濃度でアクアチタンを含浸しているという意味。この通常というのはアクアチタン技術を開発した初期の頃(2000年代初め)を基準にしていると思われます。

今ではX50やX100等が商品の基本になっているので、この商品のアクアチタンX10というのはアクアチタンの効果という意味ではそれほど高くありません。

個人的にこの商品の魅力は以下の点だと思います。

  1. デザインがシンプルでカラーバリエーションが豊富
  2. 3,000弱で購入可能な価格設定
  3. 磁気+アクアチタンの効果を体感できる

逆にデメリットというか注意しなければいけないのは”紐部分の素材がポリエステル”という点

この商品以外にもファイテンネックレスの多くが紐部分にポリエステルを採用しています。

ポリエステルは乾きやすく型崩れもしにくい、そして丈夫で手入れもしやすいという利点があるのでスポーツネックレスに多く採用されているのですが、その利点が逆に欠点にも・・・。

ポリエステルは綿などの天然繊維に比べて吸水性や通気性に劣る為、蒸れた状態になりやすく皮脂や垢等が溜まりやすくなり、それを栄養にする雑菌の繁殖を促進させてしまい悪臭を放ちやすくなってしまうのです。

一般的に悪臭というのは”雑菌が蛋白質等を分解した時に発生”するもので、例えば洗濯物の生臭い半乾き臭等はモラクセラ属細菌が衣服の中の洗い残しや蛋白質などを分解した時に作り出す”4-メチル-3-ヘキセン酸”という脂肪酸の一種が原因と言われています。

僕が磁気ネックレスやスポーツネックレスを販売している時もお客さんによく相談されたのがこの臭い問題。ポリエステル素材のネックレスはどうしても臭いが気になるんですよね。

ポリエステル素材を紐部分に採用している商品を使う場合はこまめに洗濯する事が重要です。定期的な洗濯に加えて、スポーツ後に汗をたくさんかいてしまった時などは早めに洗うように心掛けましょう。洗濯時にすすぎが不十分だと逆に雑菌を繁殖させる事につながるので”すすぎは念入りに“が最重要ポイントですよ。

RAKUWA磁気チタンネックレス BULLET

ファイテンRAKUWA磁気チタンネックレス BULLET

画像:ファイテン公式サイト

最後は「RAKUWA磁気チタンネックレス BULLET(バレット)」。

プロゴルファーとして国内外で活躍している松山英樹選手が愛用しているモデルとして有名です。

この商品は上で説明した「RAKUWA磁気チタンネックレス」と同じで、50mTの磁石を紐の中心に配置してネックレス全体からの磁気で首や肩のこりを改善(SN直列配列)し、紐部分に含浸したアクアチタンの効果も期待できる商品ですが、アクアチタン濃度がX10→X50にパワーアップしている為、ファイテンが販売している磁気ネックレス商品ではもっとも効果が期待できる商品だと思います。

RAKUWA磁気チタンネックレス BULLET トップ部分と紐部分の特徴

画像:ファイテン公式サイト

商品名についているBULLETの名前の由来は、弾丸をモチーフにしたトップ部分のデザイン。紐部分には組紐調を採用しラメを織り込んだ華やかな仕様になっています(一部カラーはラメなし)

この商品も紐部分にはポリエステル素材を採用しているので、「RAKUWA磁気チタンネックレス」同様、定期的なメンテナンスをおすすめします。

トップ部分の金属にはステンレスを採用。具体的なステンレスの種類に関して商品説明等では記載されていませんが、オーステナイト系ステンレスのSUS303が使われています。

ステンレスにはフェライト系やマルテンサイト系、析出硬化系等、様々な種類がありますが、それらの中でもオーステナイト系は耐食性が高く金属アレルギーが起こりにくいと言われています。

ただし、ステンレスにはニッケルやクロムが含まれているので、元々ニッケルやクロムにアレルギーがある人は注意してください。

値段は安く購入可能なAmazonでも9,000円程度と、ファイテンの磁気ネックレスの中では高額ですが、デザインやファイテンの磁気ネックレスの中でトップの効果を体感したいという人にはおすすめのモデルです。

まとめ

スポーツネックレスや健康ネックレスの分野で知らない人がいないくらい有名なファイテンですが、現在販売している磁気ネックレスは意外にも少なく10種類に届かないくらいです。

その中でも、できるだけスペックやデザインに差がある4種類をピックアップしてみました。

磁気ネックレスを販売しているメーカーはたくさんあり、採用している磁石の種類や強さ、配置等は様々ですが、ファイテンの特色は独自技術のアクアチタンを磁気に組み合わせている事です。

磁気にアクアチタンを組み合わせる事でどれくらいの相乗効果が期待できるのかは個人差があると思うのではっきりと示す事はできませんが、磁気ネックレスを探している人の選択肢の1つにファイテンを入れるのは間違いではありません。

他のメーカーのものとも比較しながら、値段やスペック等、自分に合ったものを見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました