【阪神タイガース】藤浪晋太郎愛用のスポーツネックレス

阪神タイガースの背番号19『藤浪晋太郎(ふじなみ しんたろう)』投手は、2012年ドラフト1位で大阪桐蔭高等学校から入団。

入団1年目の2013シーズンにプロ初登板・初先発(3月31日対ヤクルト)。この試合では敗戦投手になったものの、6回を3安打2失点に抑え、プロでも通用する事を証明しました。高卒新人の開幕3戦目での先発登板は4戦目に先発した松坂や涌井を抜き史上最速となっています。

2013年は8月に月間MVPを受賞するなど、高卒新人としては驚異的な活躍で10勝6敗、防御率2.75という成績を残しました。この時にはとんでもないルーキーが出てきたなと誰もが思ったはずです。

今は「藤浪=制球難」というイメージがありますが、入団初年度は与四球44(BB/9:2.88)、与死球2と、普通~優秀くらいの制球力がありました。

おかしくなり始めたのは2年目からでしょうか。打者を抑えられてはいるものの与四死球の数は増え、BB/9は3.53まで悪化、与死球は11を記録。

初年度の対右打者の被打率が.194に対して対左打者が.283。これを改善する為にクロスステップを強制した事が制球難につながったという人も多いですが、疲労の蓄積やイップス、技術不足等、様々な要因で今の状況に陥っているのでしょう。

かつての輝きを取り戻し日本を代表する投手へと返り咲いてほしいと思う人は阪神ファン以外でも多いはず。それくらい野球ファンを惹きつける魅力がある選手だと思います。

それでは、藤浪晋太郎投手愛用のスポーツネックレスを紹介します。

2019シーズン藤浪晋太郎着用ネックレス

阪神タイガース 藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう) ネックレス ファイテン

藤浪選手は健康ネックレス業界のパイオニア的存在「ファイテン社(phiten)と用具契約を締結しています。

【業界のパイオニア】ファイテンネックレスの概要や特徴
ファイテン(phiten)は、京都府京都市に本社を置く健康グッズ製造・販売会社です。 「すべては健康を支えるために」をスローガンにして、健康グッズや医薬部外品、化粧品などから不動産事業まで、衣食住に関わるたくさんの…

ファイテンのスポーツネックレスを愛用している選手は数多くいますが、その中でも用具契約を結べる選手は一握り。同じチームでは糸井選手と髙山選手がファイテンと契約しています。

【阪神タイガース】糸井嘉男愛用のスポーツネックレス
阪神タイガースの背番号7『糸井嘉男(いとい よしお)』選手は2003年に自由獲得枠で北海道日本ハムファイターズに投手として入団。 入団2年間で投手として結果が出せず2006年に正式に外野手にコンバートされると、転向…
【阪神タイガース】高山俊愛用のスポーツネックレス
阪神タイガースの背番号9『高山俊(たかやま しゅん)』選手は、2015年ドラフト1位で明治大学から入団。※本来の表記は髙山俊 東京六大学野球最多安打記録を持つ高山選手には即戦力としての期待が大きく、入団初年度から一…

RAKUWAネック EXTREMEシリーズ

藤浪投手は、2018年12月に発表された「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)シリーズ」のスポーツネックレスを愛用中。

このシリーズのネックレスにはファイテン最高の技術である”メタックス”が採用されています。

メタックスという技術について公式では詳しく説明されていませんが、ファイテンの独自技術によって生成され、多くの商品に採用されている”アクアチタン”よりもさらに効果が高いと言われています。

アクアチタンの効果についても公式サイトでは薬機法(旧薬事法)に配慮して抽象的な説明しか書かれていませんが、アクアチタンを含むアクアメタルの様々な効果や作用を研究している「アクアメタル研究会」の論文によると「神経調節を介した緊張緩和効果や筋・腱機能の回復効果」等の効果も期待できるようです。

上の画像の藤浪投手は『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』を着用していますが、「EXTREMEシリーズ」のネックレスを好みで変えている感じですね(一番多く着けているのはクリスタルタッチ)

メタックス採用のネックレスは他にもいろいろあるので気になった人はこちらの記事も見てみてください。

【プロ野球選手に大人気】ファイテン最高の技術メタックスのおすすめモデル
ファイテンのネックレスの最大の特徴といえば、金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術"水溶化メタル技術"によって生成したアクアチタンを素材に含浸している事。 アクアチタンを含浸しているネックレスは「ア…

ファイテンの商品は中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が阪神タイガース”未完の大器”藤浪晋太郎投手の愛用スポーツネックレスとなります。

ここ数年、かつてのダイナミックさは姿を消し、打者に当てない為に腕が縮こまって躍動感が全く感じられないフォームになっています。

仕方ない事なのかもしれませんが、ファンやマスコミの反応や相手チームの関心のほとんどが与四死球に集まっている現状では”野球をする”という事自体が藤浪投手にとって簡単ではなくなっているのでしょう。

阪神ファンは悲しむと思いますし、本人も「阪神でダメならどこに行ってもダメ」と話していましたが、僕は海外に出るなどして藤浪投手の事を特別な目で見る人間が少ない環境で復活を目指すしかないのではと思います。

素材的にはNPBの長い歴史の中でも1.2を争うロマン溢れる選手だと思うので、野球ファンとしてはもう一度復活した姿が見たいし、藤浪投手自身が野球を楽しんでいる姿が見たいです。