【バドミントン】園田啓悟愛用のスポーツネックレス

園田啓悟(そのだ けいご)選手は1990年生まれのバドミントン選手。現在の所属はトナミ運輸です。BWF世界ランキング最高位は2位(男子ダブルス)。

園田選手とダブルスを組む嘉村健士(かむら たけし)選手はともに169cmと小柄ですが、ネット付近の「超低空」と評されるライナー性の高速ラリーで大柄な海外の選手たちとも互角以上に戦っています。

【バドミントン】嘉村健士愛用のスポーツネックレス
嘉村健士(かむら たけし)選手は1990年生まれのバドミントン選手。現在の所属はトナミ運輸です。 2013年からダブルスで日本代表に選出されており、世界ランキング最高位は2位(男子ダブルス)。 同じトナミ運輸…

嘉村選手が前衛でゲームメークし、園田選手が後衛のスマッシュに集中する形が「ソノカム」ペアの特徴です。

それでは、園田啓悟選手愛用のスポーツネックレスを紹介してみましょう。

2019シーズン園田啓悟着用ネックレス

バドミントン 園田啓悟(そのだ けいご) スポーツネックレス

RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ

園田選手は【ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019】で赤色の数珠のようなネックレスを着用していました。このネックレスはスポーツネックレス大手「ファイテン社」の『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』のレッドカラーです。

このネックレスは、2018年12月に発売された「メタックス」採用の「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)シリーズ」の高級モデル。

素材は球パーツがアクリル、留め具は比較的金属アレルギーを起こしにくいアルミです。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

EXTREMEシリーズに採用されているメタックスという技術は”神経調節を介した緊張緩和効果や筋・腱機能の回復効果”が期待できるアクアチタンの他に数種のアクアメタルを素材に含浸したファイテン最高技術と言われています。

RAKUWAネックワイヤー EXTREME トルネード

もう一本、ワイヤーをねじったようなスポーツネックレスにリングを通して着用していますが、これはクリスタルタッチと同じファイテンEXTREMEシリーズの『RAKUWAネックワイヤー EXTREME トルネード』です。

メタックス採用でワイヤー部分には金属アレルギーが起こりにくい「サージカルステンレス」を採用。留め具にも不動態皮膜を生成しやすくアレルギーが起こりにくいアルミを使っています。

癖のあるデザインなので、好みが分かれると思いますがインパクトは十分ですね。

EXTREMEシリーズにはこの『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』や『RAKUWAネックワイヤー EXTREME トルネード』以外にも多くのモデルが発売されています。

【プロ野球選手に大人気】ファイテン最高の技術メタックスのおすすめモデル
ファイテンのネックレスの最大の特徴といえば、金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術"水溶化メタル技術"によって生成したアクアチタンを素材に含浸している事。 アクアチタンを含浸しているネックレスは「ア…

ファイテンの商品は中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が”ワイルドスマッシャー”園田啓悟選手の愛用スポーツネックレスです。

園田、嘉村の「ソノカム」ペアは2019年7月現在、BWF世界ランキング3位。シングルのエース桃田選手等と同様に東京オリンピックでもメダルを獲得する可能性が十分あります。

【バドミントン】桃田賢斗愛用のスポーツネックレス
桃田賢斗(ももた けんと)選手は1994年生まれのバドミントン選手。現在の所属はNTT東日本です。 BWF(世界バドミントン連盟)世界ランキング最高位は1位。男子シングルで日本人初のBWFスーパーシリーズ優勝を果た…

ダブルスにおいてはコンビネーションが非常に重要ですが、最近の試合ではなかなか思うようなプレーができておらず2人で前に積極的に入って攻め合う形がつくれていません。ただ、実力も経験もある2人なので徐々に本来の形を取り戻すでしょう。

年齢的にももしかしたら最後になるかもしれない東京オリンピックの舞台。2人のバドミントンの集大成を見せ表彰台に上がる姿を期待しています。

タイトルとURLをコピーしました