布製のファイテンネックレスが臭い?臭いやすい素材や消臭方法

ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上やリカバリーを目的としてスポーツネックレスを着用する人が増えています。

大幅な効果は期待できないと思いますが、好きなカラーや好きなアスリートと同じものを着ければ自然と気持ちも明るくなり、結果的にパフォーマンス向上につながる事はあり得るでしょう。

この市場は現在非常に盛況なのでたくさんのメーカーやブランドからデザインや素材、値段が異なる商品が数多く販売されています。

ファイテンの布系ネックレスは臭う?

数ある健康ネックレスメーカーの中でも有数の人気を誇るのが「ファイテン社」です。

【業界のパイオニア】ファイテンネックレスの概要や特徴
ファイテン(phiten)は、京都府京都市に本社を置く健康グッズ製造・販売会社です。 「すべては健康を支えるために」をスローガンにして、健康グッズや医薬部外品、化粧品などから不動産事業まで、衣食住に関わるたくさんの…

独自技術である”水溶化メタル技術”によって生成した「アクアチタン」を素材に含浸する事で様々な効果が期待できる「RAKUWAネックレス」シリーズは非常に人気があります。

僕がスポーツネックレスや磁気ネックレスを販売していた時もコラントッテと並んでファイテンのネックレスは人気がありました。

そんなファイテンのネックレスですが、たまにクレームというか相談される事があったのが今回のタイトルでもある「臭い(におい)」です。

ポリエステルは悪臭を放ちやすい

ファイテンのネックレスにはたくさんの種類があり、素材も金属、シリコン、布繊維等様々ですが相談が多かったのは布繊維でそれもポリエステル素材のものでした。

「夏場になったら臭くて仕方ない」「服が臭いのかと思ったが臭いのはネックレスだった」「洗っても臭いが全然とれない」、相談(クレーム?)の内容は概ねこんな感じでしたね。

ポリエステルは速乾性や耐久性があり、価格も安いので健康ネックレスによく使われる素材なのですがデメリットも結構あります。

そのデメリットのひとつが悪臭を放ちやすいという事。

ポリエステルは吸水性や通気性がよくないので、ネックレスが蒸れた状態になりやすく皮脂や垢などが溜まりやすくなり、それを栄養にする雑菌(細菌)が繁殖しやすい素材です。

そして繊維の中で大量に繁殖した雑菌が繊維に残っている皮脂や汚れ等を食べた(分解した)時に悪臭の原因になる成分を生成するのです(例.モラクセラ菌が生成する”4-メチル-3-ヘキセン酸”は洗濯物の生乾き臭の正体)

ネックレスだけではなく、ポリエステル素材のシャツ等も夏場になると臭くて着られないという話を聞いた事があると思います。雑菌が繁殖しやすく悪臭を放ちやすいというのがポリエステル素材の最大の弱点といえるかもしれませんね。

柔軟剤 レノア 本格消臭 SPORTSネックレスとは関係ありませんが、ポリエステルのシャツを洗う時の柔軟剤にはレノアスポーツがおすすめですよ。これに変えてからかなり臭いがマシになりました。

ファイテンだけではなく他のネックレスメーカーでも安めの商品にはポリエステルが採用されている事が多く、それらは共通して臭いのトラブルを抱えやすいといえるでしょう。

布製ネックレスの洗濯や消臭

そういう理由もあって、僕がネックレスを販売していた時に布製(特にポリエステル素材のもの)のスポーツネックレスを買ってくれたお客さんにはいくつかアドバイスをするようにしていました。

  1. 見た目が汚れていなくても定期的に洗濯する事(特にたくさん汗をかいた後)
  2. 洗濯する時は中性洗剤を使ってぬるま湯(30~40℃)で念入りに洗い完全に乾くまでしっかり干す事(一番重要なのはすすぎ)
  3. 消臭剤を使用する場合は除菌力が高く、成分が残留しにくい安全なものがおすすめ

まずは1ですが、見た目はきれいでも繊維の中に皮脂や汚れが付着している事は多々あります。ポリエステルは繊維の中でもトップクラスに汚れが蓄積されやすい(洗濯しても汚れが落ちにくい)ので定期的に洗濯してあげる必要があるのです。

特に夏場や運動後など、皮脂や汚れが大量に付着した可能性が高い時は早めに洗濯する事をおすすめします。

 

洗濯時には冷水ではなく30~40℃程度のぬるま湯を使い、中性洗剤で念入りに洗う事をおすすめします。

ぬるま湯を使う理由は皮脂等の汚れが落ちやすいから。食器を洗う時にお湯を使うと油汚れが落ちやすいのと同じ原理です。ただし、60℃を超える熱湯はタンパク質が変性し逆に汚れが落ちにくくなってしまうので注意してください。

ポリエステルは汚れが取れにくく蓄積しやすいので洗浄力の高い弱アルカリ性の洗剤を使用するのが基本ですが、繊維を痛めたり色落ちの心配があるのでひどい汚れ以外は中性洗剤を使う事をおすすめします(ネックレスはファッション性も大事ですからきれいな状態のものを着けたいので)

代表的な中性洗剤は「アクロン」「エマール」「ボールド」等です。

粉末洗剤ニュービーズ 弱アルカリ性

弱アルカリ性洗剤ニュービーズ

中性洗剤エマール

中性洗剤エマール

最後は消臭剤を使う場合。

しつこい汚れがこびりついて洗濯を何度しても臭いが落ちない場合や、洗濯をする時間が取れない時は一時的に消臭剤を使うのもいいでしょう。

ただし、スポーツネックレスは身に着けて使用するのでできるだけ消臭剤の成分が残留しないような安全性の高いものがおすすめ。そして、当然ながら悪臭の原因となる雑菌をしっかり除菌できる強力な除菌力を備えた商品が望ましいです。

ファ〇リー〇やリ〇ッ〇ュ等は臭いを芳香成分で被せてごまかすタイプですし、その成分が長期にわたって残留し安全面が不安なのであまりおすすめはできません。

僕のおすすめは次亜塩素酸系消臭剤(アビィ除菌消臭水 等)や安定化二酸化塩素系消臭剤(バイオチャレンジ 等)ですね。

僕は布系スポーツネックレスの消臭に、犬の消臭にも使っている次亜塩素酸系の除菌消臭水を使っています。成分が残留しにくく犬や猫が万が一飲み込んでも安全な安心仕様ながらウイルスや細菌への除菌効果も強く即効性も十分という商品です。

洗濯が終わった後にスプレーしてから干したり、洗濯できない時は多めにスプレーして干したりしています。

まとめ

ポリエステルやナイロン等の化学繊維を採用したスポーツネックレスや磁気ネックレスはたくさんあります。

値段が安くて買いやすい上に、金属を使っていないものならフィジカルコンタクトのあるスポーツでも安心して使えますし、金属アレルギーの心配がないのも魅力ですね。

ただし、汚れを蓄積させると悪臭につながる可能性があるので定期的に(最低でも半月に1回くらい)洗うようにしてください。

こまめにメンテナンスをしてあげれば布製ネックレスでも長く清潔に使う事ができるので今回おすすめしたやり方を是非試してみてくださいね。

最近は化学繊維でも、細菌の増殖を抑制し清潔な状態を保つナノファイン加工等が施されているものが出始めているのでポリエステル素材のスポーツネックレスにも採用してほしいものです。

AXFカラーバンドが臭いにくい理由と洗濯方法
野球選手やバトミントン選手等、多くのアスリートに愛用されている『AXFカラーバンド』。 値段も5,000円程度とそれほど高くなく、カラーバリエーションも豊富で着け心地もいいネックレスですが、見た目だけではなく「体幹…