【阪神タイガース】中田賢一愛用のスポーツネックレス

阪神タイガースの背番号20『中田賢一(なかた けんいち)』投手は、2004年にドラフト2巡目で福岡県の北九州市立大学から中日ドラゴンズに入団。2013年のシーズンオフに国内FA宣言し福岡ソフトバンクホークスへ移籍後、2019シーズン終了後無償トレードで阪神タイガースへ移籍しました。

フォーク、スライダー、カット、カーブといったキレのある変化球と抜群の球威を誇るストレート、そして不安定な制球力が特長で「荒れ具合」が吉と出るか凶と出るか試合で投げてみないと分からないという面白い投手です。

通算100勝を記録している実績のある投手なのでチームに多くの事をもたらせてくれるでしょうし、個人としてももうひと花咲かせてほしいですね。

それでは、中田賢一投手愛用のスポーツネックレスを紹介していきましょう。

中田賢一着用ネックレス

阪神タイガース中田賢一スポーツネックレスファイテン

RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ

中田投手は中日時代からスポーツネックレス業界最大手「ファイテン社」のネックレスを愛用しています。

中日時代は布地のRAKUWAネック、ソフトバンク時代は定番のRAKUWAネックX50とネックワイヤーAirを重ね付けしたりと様々なモデルを着用していました。

現在は2018年にファイテンが発表した新ブランド「EXTREME PERFORMANCE GEAR(エクストリーム パフォーマンス ギア)」シリーズの高級モデル『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』と『RAKUWAネックワイヤー EXTREME』を重ね付けしています。

EXTREMEクリスタルタッチのカラーはレッドとブラックの2色展開ですが、中田投手はその時の気分で使い分けているようです。

EXTREMEシリーズに採用されている技術は「メタックス」。

メタックスは世界各国の大学で健康と運動能力の増進に関する研究論文が発表されているファイテンの独自技術「アクアチタン」の最高峰であるX100シリーズと同等以上の効果が期待できると言われています。

EXTREMEクリスタルタッチの数珠のような球パーツには水や汗に強いアクリル素材が採用され、留め具には軽量でチタンなどと同じく不動態皮膜をつくりやすく金属アレルギーを起こしにくいアルミが採用されています。

【金属アレルギーの人は必見!】スポーツ&磁気ネックレスの素材に注目
ここ数年、スポーツ時のパフォーマンス向上や肩こりの改善の為にスポーツネックレス・磁気ネックレスを着用している人が非常に多くなりました。 これら「健康ネックレス」を扱うメーカーやブランドも増加傾向にあり、デザインが優…

プロ野球選手やマラソン選手などに愛用者が多い人気モデルですね。

RAKUWAネックワイヤー EXTREME

EXTREMEクリスタルタッチと重ね付けしている細身のスポーツネックレスは『RAKUWAネックワイヤー EXTREME』。

EXTREMEシリーズは個性的なデザインが多いですが、ネックワイヤーEXTREMEはその中でもシンプルなデザインなので単独で着けても他のモデルと合わせてもよいかと思います。

留め具にはアルミ、ワイヤーには金属アレルギーを起こしにくいサージカルステンレス(ナイロン樹脂コーティング)を採用しており、非常に軽量なのも大きな特長です。


EXTREMEシリーズには『RAKUWAネック EXTREME クリスタルタッチ』や『RAKUWAネックワイヤー EXTREME』以外にも数多くのモデルが発売されており、値段も数千円から数万円まで多種多様です。

【プロ野球選手に大人気】ファイテン最高の技術メタックスのおすすめモデル
ファイテンのネックレスの最大の特徴といえば、金属をナノレベルで水の中に分散させる独自技術"水溶化メタル技術"によって生成したアクアチタンを素材に含浸している事。 アクアチタンを含浸しているネックレスは「ア…

ファイテンの商品は中国でつくられた偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入時には特に気をつけてください。

【ファイテン、コラントッテ…etc】偽物ネックレスを購入しない方法は?
20年ほど前までは、商品を実際手にとらなくてもパッと見で「本物」と「偽物(コピー品)」の判断がつくほど偽物のつくりは粗末なものでした(そもそも似せようともしてなかったのかも)。 ですが、デジタル時代になり、3Dモデ…

まとめ

以上が阪神タイガース”暴れ馬”中田賢一投手の愛用スポーツネックレスです。

2019シーズンは一軍ではプロ入り後初めてシーズン未勝利に終わりましたが、二軍ではチーム最多のイニングを投げ、リーグ最優秀防御率や勝率第1位を獲得するなどまだまだ第一線で戦える力は十分にあります。

2005年の4月3日の初先発から通算で294試合に登板し100勝77敗(防御率3.72)と大きく勝ち越している“勝ち運”も大きな魅力ですね。

阪神にはたくさん良い投手がいますが、先発ローテーション入りを目指して頑張ってほしいです。

タイトルとURLをコピーしました