当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【阪神タイガース】森木大智愛用のスポーツネックレス

阪神タイガースの背番号20森木大智(もりき だいち)投手は、2021年にドラフト1位で指名され高知高等学校から入団しました。

小学1年でソフトボールを始め、高岡第二イーグルスに入団した3年時から軟式野球に転向。6年時には全国大会出場も果たしました。

高知中3年夏に150キロを計測。僕も含め多くの野球ファンを驚かせ、「スーパー中学生」として注目される存在に。

その後、進学した高知高校では1年の夏からエースとして活躍するも、明徳義塾という高い壁に何度も阻まれ、新型コロナウイルスの流行もあって、「5回出場したい」と語っていた甲子園出場はなりませんでした。

それでも常にポジティブな姿勢で高いレベルを目指してストイックに自身を高め続けドラフト1位候補になるまでに成長。2021年のドラフト会議で阪神タイガースに1位指名され11月23日に入団合意しました。

 

最速154キロ、アベレージで140キロ台後半のストレートを中心に、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ、スプリットといった多彩な変化球を操る右の本格派。僕は横滑りのスライダーの質の良さが印象に残っています。

将来を見据えた地味なトレーニングを黙々とこなしたり逆境でも心が折れないタフな精神を持っている点はかなりプロ向きで、自分の考えをしっかり言語化でき情報の取捨選択をできるスマートさとクレバーさも兼ね備えています。

怪我なく順調に成長すれば3年後くらいには阪神の先発ローテーションを担う投手になってくれるでしょう。

それでは森木大智投手愛用のスポーツネックレスを紹介したいと思います。

森木大智着用ネックレス

846YAJIRO DEEP BALANCER 6シリーズ

阪神森木大智もりきだいち 846yajiro6シリーズネックレス 拡大

森木投手が身に着けている赤色のクリスタルネックレスはスポーツブランド「846YAJIRO(ヤジロ)」DEEP BALANCER(ディープバランサー)です。

846YAJIROはここ数年サッカー選手やプロ野球選手を中心に愛用されており、育成年代の強豪校の野球選手たちにも着用者が増えています。

ディープバランサーにはベーシッククラスの4シリーズ、ミドルクラスの6シリーズ、ハイクラスの8シリーズの3種類があり、それぞれ効果や値段が異なります。

ディープバランサーの概要や効果については↓の別記事で詳しく書いているので興味のある人は見てみてください。

【ディープバランサー】846YAJIROネックレスの概要や効果、種類を解説
『846YAJIRO(ヤジロ)』は京都府京都市に本社を置く「八次呂株式会社」が設立したブランドで、ネックレスやブレスレット、衣類等のスポーツ・健康関連商品を製造・販売しています。 開発テーマは「今日の疲れを次の日に…

それぞれ形状が微妙に違いますが、森木投手が着用しているのは「6シリーズREDカラー」で留め具は「GOLD TITA22」タイプのものだと思われます。

ディープバランサーは一般的なスポーツネックレスの中では高価な部類に入り、森木投手が着用しているミドルクラスの6シリーズでも値段は70000円弱。

人気なのは30000円弱で購入できる4シリーズ。6シリーズと比べるとクリスタルの配置が異なり効果も落ちますが「REDカラー」+「GOLD TITA22」の組み合わせも販売されています。ちなみに4シリーズの一番人気は僕も愛用している「BLACK×BLACKカラー」です。

846YAJIROネックレス4シリーズブラック×ブラック

まとめ

以上が阪神タイガース・森木大智(もりき だいち)投手の愛用スポーツネックレスの概要です。

森木投手の投手としての能力は当然優れていますが、僕が素晴らしいと思うのは人間性の高さ。

インタビューの受け答えを見ていても注目選手としての驕りなどは一切感じられず、常に謙虚かつ自分の考えをしっかり相手に伝えるような話し方には好感を持ちました。

「小さな子供たちに夢や希望を与える存在になりたい」「日本で一番有名な選手は森木大智と言われるぐらいの大きな選手になりたい」「メジャーに行って世界で戦える選手になりたい」

ドラフト1位でプロ野球の世界に入っても、まだまだたくさんの夢や希望を持って前に進む森木投手。

阪神タイガースは日本トップクラスの人気球団なので難しい部分もたくさんあると思いますが、これからも自分を見失わずにひたすら前を向いて一歩一歩進んでいってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました