【静電気除去で人気のコランコラン】エスガードネックレス・ブレスレットの特徴や効果

日中はまだ暑いですが朝晩はかなり涼しくなり、ようやく過ごしやすくなってきましたね。

これから短い秋があっという間に過ぎて寒い冬が訪れます。

冬場に起こりやすい現象といえば、服を脱いだ時やドアノブに触った時、そして人や動物に触った時にパチッと痛い思いをする『静電気』。

静電気の基本知識

冬場に起こりやすい静電気

静電気が発生するメカニズムは以下の引用文のとおり。

物体には普通、プラスの電気とマイナスの電気が同量ずつ含まれており、互いにその作用を打ち消しあって全体としては電気の作用がない「電気的に中性な状態」となっています。
ところが、2種類の物体を擦り合わせたとき、一方の物質から他の物質に電子が移動し、その分だけマイナス電気あるいはプラス電気が多くなります。この状態を「帯電」といい、更にいえば「静電気が帯電している状態」となります。

衣服と静電気の関係について-東京都クリーニング生活衛生同業組合

僕は仕事でよくプチプチ(梱包に使う緩衝材)を使うので、季節を問わず静電気に悩まされていますが、基本的には湿度が低く乾燥している時期に起こりやすいとされています。

湿度が高く空気中の水分が多ければ物体の吸着水分量も高くなるので静電気はその水分を通る事で緩やかに放電されますが、空気が乾燥すると水分が不足するので静電気は放電されず物体に溜まってしまうのが理由ですね。

具体的に静電気が発生しやすくなる条件は湿度20%以下、気温25度以下といわれています。

「摩擦帯電」と「繊維の帯電列」

さらに冬場は寒さを凌ぐ為に様々な素材の衣類を「重ね着」しますが、それも静電気が起きる大きな原因になっています。

キーワードは「摩擦帯電」と「繊維の帯電列」。

「摩擦帯電」とは衣類同士がこすれ合ったり、衣類と体がこすれ合う事で静電気が発生する事で、「接触帯電」「剥離帯電」と並んで静電気が発生する3つの原因のひとつです。

夏場のようにシャツ一枚では行動できないのでこればっかりは仕方ないですね。

これは衣類だけではなく車のシート等も同様で、車を降りてドアを閉めようとドアノブに触った瞬間パチッとくるのは体とシートや衣類とシートがこすれ合った時に発生した静電気によるものです。

 

もうひとつの「繊維の帯電列」ですが、アクリルやポリエステル、ナイロンといった衣類の素材(繊維)はその種類によってプラスに帯電するかマイナスに帯電するかが決まっています。

繊維(素材)の大帯電列

繊維の帯電列に表示されている素材の位置が近いほど静電気は発生しにくく(麻と綿、レーヨンと絹など)、位置が遠いほど静電気は発生しやすくなります(アクリルとナイロン、ポリエステルと羊毛など)

冬場は何枚も重ね着するので、衣類の素材も多くなり静電気を発生しやすい組み合わせになる事も少なくありません。ポリエステルのシャツにウール(羊毛が主)のセーターの組み合わせなんかは結構多いと思いますが、図を見ると静電気を発生させやすい組み合わせだという事が分かると思います。

冬場に薄着で生活するというのは現実的ではないので、できるだけ静電気を発生させないようにするには帯電列を参考にして性質の近い素材を組み合わせましょう(ナイロン+羊毛など)

室内でいる時は加湿器を利用して湿度を高めに保つのも静電気を防ぐ良い方法だと思います。

G.J.Harperらの論文によれば、冬場に湿度を50~60%に保つ事は風邪やインフルエンザの予防にもつながるようなので一石二鳥ですね。

静電気でパチッとくるのを防ぐにはまず以上の事を頭に入れて生活するとよいでしょう。

コランコランの静電気除去アイテムの概要

静電気除去アイテムで人気のコランコラン

それに加えて、さらに静電気を防ぐ為に身に着けるのが「静電気除去効果」のあるネックレスやブレスレットです。

静電気除去ネックレスやブレスレットの製造・販売メーカーやブランドはたくさんありますが、僕が毎年使用しているのは『COLANCOLAN(コランコラン)』の静電気除去効果があるネックレス。

コランコランは愛知県名古屋市にある「トーメイエージェンシー株式会社」が設立した健康アイテムのブランドネームで、天然鉱石を練り込んだスポーツネックレスやブレスレット、Tシャツ等、幅広い商品を販売しています。

天然鉱石から放出されるマイナスイオンや遠赤外線によるリラックス・リフレッシュ効果がコランコランアイテムの大きな特徴・魅力。

【ホルミシス効果】COLANCOLAN(コランコラン)ネックレスの概要や特徴
『COLANCOLAN(コランコラン)』は愛知県名古屋市名東区にある「トーメイエージェンシー株式会社」が設立した健康アイテムのブランドネーム。 ネックレスの他にもブレスレットやTシャツ、ベルト、腹巻等、幅広い商品を…

導電繊維と静電気除去アイテムの寿命

コランコランの静電気除去アイテムは電気を誘導する”銅”を使用した特殊な繊維「導電繊維」を採用し、体や衣類に溜まった静電気を空気中に放電するという仕組みです。

導電繊維を使った静電気除去アイテムは国内外問わず多くのメーカー・ブランドからリリースされていますが、コランコランは同じ愛知県にある某有名車メーカーでも使われている静電気除去率が高く質の高い国産の素材を採用している事で差別化しているようです。

メーカー曰く、海外製の導電繊維の中には除去率が低い素材があるので、コストが低くても使わないとの事。

商品に少しだけ導電繊維を使用して静電気除去アイテムとして販売したり、全く根拠もないのにキーワード対策だけの為に静電気除去というワードを商品説明に記載しているメーカー(特に中国製)も多いので、ブランドのこだわりとして素材に力を入れている点はコランコランの大きなプラスポイントかと。

楽天やYahoo!と並ぶ某巨大ショッピングモールで販売されている薬機法(旧薬事法)違反の中華系の健康ネックレスやブレスレットを見ているとつくづく日本製の商品の良さが分かります。

海外製(中国など)の健康ネックレス・ブレスレットに要注意
先日、NHKが放送している「クローズアップ現代+」で、ネット通販の闇である「やらせレビュー」について触れられていました。 日本人は自分で物の良し悪しを判断できない(判断する意識が低い)人種なので、嘘でも肯定的なレビ…

 

僕は毎シーズンコランコランの静電気除去ネックレスを使用していますが、一定期間が経過すると寿命を迎える(少しずつ効果が落ちてきます)ので、定期的に買い替えています。

コランコラン静電気除去ネックレス エスガードフィタ導電繊維

ネックレスから飛び出している産毛のような細い毛から誘導された電気が空気中に放電されるので、経時によってこの細い毛が少なくなった時がコランコランの静電気除去ネックレスやブレスレットの寿命です。不良品とかほつれ、毛羽立ちではなく意図的なものなので、絶対にこの細い毛を除去しないようにしてくださいね。

エスガード・Fita(フィタ)ネックレス

コランコラン静電気除去ネックレス エスガードフィタ

コランコランの静電気除去ネックレスは「S-GUARD(エスガード)」シリーズといい、現状は「エスガード・ネックレス」と「エスガード・Fita(フィタ)ネックレス」、ブレスレットがメインではあるもののネックレスとしても使える「エスガード・ヴァリアス」が販売されています。

コランコランの全ての商品に静電気除去効果があるわけではないので間違えないようにしましょう。静電気除去効果があるのは「エスガード」という名前がついている商品だけです。

コランコラン静電気除去ネックレス エスガードフィタ中身

その中から選んだのは「エスガード・Fita(フィタ)ネックレス」。

カラーはいつもなら目立たない「黒×黒」にしていますが、今季は少し色味を追加。20色くらいから好きなカラーを選べるところがコランコランの良いところです。

ブレスレットよりもネックレスの方が効果は高い

実はコランコランの静電気除去アイテムではネックレスよりもブレスレットが圧倒的に売れているのですが、理由はデザイン性や腕につけた方が静電気を除去できるというイメージが大きいのかもしれません。特に「Fita ブレスレット」はたくさん売れてますね。

ただ、前述したとおり静電気除去効果は体や衣類との接地面積が大きい方が除去率は上がるのでブレスレットよりもネックレスの方が効果的なのは間違いなく、コランコラン公式にも「静電気がヒドイ方にはネックレスも有効です。ネックレスはブレスレットに比べて物理的に肌や衣服との接地面積が増えるので除去率が上がります」と記載されています。

メーカーはブレスレットでも高い静電気除去効果を発揮する方法として、接地面積を増やす為の「重ね付け」を推奨しています。1本より2本、2本より3本の方が効果は高くなります。

コランコラン静電気除去ネックレス エスガードフィタ ブレスレットとして

長めのネックレスを購入して3重くらいで手首に巻けばブレスレットの代わりに使えなくも・・・。

接地面積はブレスレット約3本分なので効果もなかなかのものではないかと。

静電気除去アイテムは万能ではない

ここまで静電気除去効果が期待できるコランコランのネックレスやブレスレットについて説明しましたが、これらのアイテムを着けたからといって静電気を完全に除去できるわけではありません。

全く静電気が発生しなくなったという人も中にはいるかもしれませんが、僕はネックレスを着けていても毎年必ずバチっと食らいます。

楽天やヤフー、Amazonのレビューを見てもだいたい3点台中盤~4点台前半で、肩こり対策の磁気ネックレスなどに比べると低いイメージがあります。

内容を見ても「全く効かなかった」「期待外れだった」という意見もちらほらあり、完全無欠の商品とはいえません。

ただし、公式WEBサイトには静電気除去の実験の様子を載せているので一定の効果があるのは間違いないでしょう。

数千円で静電気をある程度除去できればいいという人にはおすすめですが、購入するからには静電気が起こる事は許さないという人は買わない方がいいと思います。

着用時のポイント

最後はネックレスやブレスレットを着ける時のポイント。

重要なのは「接地面積を増やす事」と「空気中に放電しやすくする事」です。

前者はこれまで何度も説明したように、できるだけ体や衣類との接地面積を増やすような着け方をする事。

コランコラン静電気除去アイテム接地面積が重要

画像:コランコラン商品同梱紙

ネックレスの場合は首から衣類にかけてある程度ピタっと接地しますが、ブレスレットはサイズ選びをしくじると接地面積が少なくなる傾向があります。

ブレスレットは手首にピタっとフィットするサイズのものを選ぶようにしてください。

「エスガード・ヴァリアス」はフリーサイズでサイズ調整も簡単なのでおすすめです。

 

後者は導電繊維に誘導された静電気が空気中に放電されやすいよう、ネックレスやブレスレットが露出するようにする事です。

コランコラン静電気除去アイテム空気中に放電しやすいようにネックレスやブレスレットを衣類で隠さない

画像:コランコラン商品同梱紙

衣類によってネックレスやブレスレットが包まれると十分に放電できず静電気除去効果を発揮できなくなります。

常時露出させるのが難しい場合は何かに触る前だけでも意識するようにしましょう。

せっかくコランコランの静電気除去アイテムを買ったのに全く効果がないと思った人は以上の点に注意してもう一度試してみてください。

まとめ

以上が静電気の基本やコランコランの静電気除去ネックレスの概要、そして着用時のポイントです。

コランコランの静電気除去ネックレスやブレスレットの話をするには静電気についての基本知識を説明する必要があったので非常に長くなってしまいました。

この記事を簡単にまとめると、「コランコランの静電気除去アイテムはブレスレットよりもネックレスの方が設置面積が大きいので効果大」「静電気除去アイテムは万能ではなく100%静電気を防げるわけではない」「着用時には体や衣類との接地面を増やし、静電気を空気中に放電しやすいようにネックレスやブレスレットを露出させる事」といった感じですね。

コランコランは静電気除去アイテムをリリースする前から放射線ホルミシスによるリラックス効果で人気のブランドなので、静電気除去効果だけではなく健康アイテムとしてもおすすめです。

この記事を参考にして、少しでも静電気に悩まされない日々を過ごしてもらえれば幸いです。

当サイトの記事を引用(出典元を記載・リンク)、シェアしていただくのは構いませんが、盗用またはリライトする行為には当該サイトの広告主(アドセンス、Amazonアソシエイト等)への通報やDMCA申立、訴訟等、厳しく対応しています。
ネックレスコラム
──この記事をみんなに教える──
健康ネックレスラボ
タイトルとURLをコピーしました